会社の将来への不安

残業せずに定時で帰宅するには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは、残業することが当たり前の習慣がついていませんか?「だって仕事が終わらないから…」という言い分が多いですが、そのままでいいのでしょうか。少しの工夫で、定時に帰宅できる手段はあるはずです。

仕事内容を整理してみる

いつも定時で仕事を終えることができない、という人の特徴の1つが、「自分がこなすべき仕事の整理整頓ができていない」ことです。
1日の始まりから、とりあえず目につく仕事から取り掛かり、何の計画性もないまま進めてしまうので、次々入ってくる仕事に迫られてしまいます。

ミスも少なく、仕事をこなす能力は十分あるのに、仕事が終わらず残業せざるを得ないような状況の人は、1日の始まりに自分の仕事に優先順位をつけて整理することをお勧めします。

出勤し、メール・スケジュールの確認を済ましたら、5~10分程度、仕事を片付ける順番を組む時間を作りましょう。
「そんなもたもたしている時間がもったいない!」と感じる方もいるかもしれませんが、この時間が長い目で見れば、効率性とやる気を生み出すことになり、定時帰宅につながるのです。

理想的なのは、途中で仕事が入ってくることも予定の中に組み込んで置くことです。結果的に仕事が来ても心構えはできていますし、仕事が来なければラッキーでより定時帰宅に近づきます。

割り切る勇気を持つ

仕事内容に優先順位をつけて、スケジュールを組んでも、仕事量によってはすべてを終わらせることができないこともあります。
自分がその日、定時に帰宅することを一番の目標としているなら、時には「仕事を明日に繰り越す判断をすること」も大切です。

定時に帰宅できない人には、真面目、中途半端が嫌い、完璧主義などの特徴があります。仕事を残したまま帰ることにモヤモヤを感じるのはわかりますが、そこは現実的に考えて、最優先して片付ける仕事でないと判断すれば、あっさりと割り切って帰宅するという習慣をつけましょう。

そこで無理をして残業し、仕事を終わらせたとしても、結局明日も同じことです。
定時に帰宅し、プライベートを充実させリフレッシュする方が、繰り越した仕事も翌日の仕事もはかどるはずです。

自分の仕事スキルを上げる

特に事務作業が中心の人にとっては、自分の仕事におけるスキルを上げることも、残業をせずに帰宅できる有力な方法の1つです。
スキルを上げる方法は、職場で経験を積んで、時間とともに成長していく、ことだけでは決してありません。
仕事に関連する資格を取得したり、ビジネス講座へ参加したり(無料の講座もたくさんあります)、書籍から仕事のノウハウを得たり、などなど様々です。

誰でも自分の苦手な仕事、作業はあるはずです。
それがタイムロスとなり、残業せざるを得ない要因になっているのかもしれません。
スキルを上げることで、今まで躓いていたところをスムーズにできますし、何より自分に自信がつくので、仕事へのモチベーションもあがります。

人を頼る

自営業者やフリーランサーと言った特殊な仕事でない限り、仕事は一人きりでしているわけではありません。
周りには助けてくれる上司や先輩がいるはずです。残業せずに定時で帰宅したい日は、こうした人たちに思い切ってお願いすることも、時には必要な社会人の知恵なのです。

「人に自分の仕事を任せるなんて、申し訳なくてできない。」と思う人もいるでしょう。
しかし、普段から真面目に仕事をしていれば、少々頼み事をしても快く引き受けてくれる人は必ずいます。
もちろん、普段から適当に仕事をしていたり、社内の人間の陰口ばかり言ったりしている人には、頼る先はないかもしれません。それは自業自得です。

その代わり、自分の仕事に余裕があるときには、恩返しの意味も込めて、代わりに仕事を引き受けたり、翌日顔を合わせた時に、「先日はおかげさまで助かりました!」としっかりとお礼をする姿勢は、忘れないようにしましょう。

ここで上げた4つの方法は、「定時に帰るための方法」として紹介しましたが、同時に、「自分自身が成長できる方法」でもある、ということを付け加えておきます。

是非、この記事を参考にされて、社内全員が残業を最低限に抑え、気持ちよく定時に帰ることができる環境が広まることを願います。

eyecatch_059
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています。


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る