やりたい仕事へのチャレンジ

異業種への転職時の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職は人にとって一大決心ですが、たった一度だけの人生において仕事というのは大きなウエイトを占めやりたい仕事をして後悔のない人生を送る事は理想です。今回は特に難しい異業種への転職について考えましょう。

異業種への転職後の人生設計をしっかりたてて決める

近年不況で給与の低下や人件費の削減により転職市場は活発化していますが、転職を考える時に一番難しいのが異業種への転職です。そもそも転職というのは様々な理由ですると思いますが、多くの方は今までと同じような業種や職種で探す事が圧倒的に多いです。特に前職歴が長くなればなるほどその傾向があり、転職といえある程度の年齢になると転職しにくくなるのが現実です。

そして第二新卒でもない限り転職後は即時戦力を求められる事が多く、全く何も知らない素人を雇用するよりある程度すでに経験や知識がある方がその方の教育に必要なコストなども減らせますし、企業側としてもメリットが大きいのです。

それでも何かやりたい仕事があるという人は、その後の長い人生において希望でない仕事をして給与をもらえる事はありがたいですが仕事の中での価値が給与だけしかなくなります。それならばせっかくやりたい仕事をした方が良いと思われますが、異業種への転職はすごく難しいものですのでこれからの人生設計をよく立ててから行動に移す方が良いでしょう。

まず一番大切な事は異業種へ転職して自分が何をしてどういうキャリアを描いているのかです。その描いているキャリアが現実的な物であれば転職する事は意味がある物ですし、ある程度の年齢になると年齢上その描いたキャリアの実現は不可能な場合もあるでしょう。そういった場合は転職すべきかをしうっかり吟味する必要があるので、まずはしっかりと自分の転職後のキャリアを描いてみましょう。

前職が転職後にどのように活かせるかを考えておく

転職する際の面接で多くの企業側から聞かれるのが、前のあなたの仕事がどのように転職後の企業で活かせるかと言う事です。

異業種への転職と一口にいっても、異業種で同職種での転職については比較的転職しやすい傾向にあると言えます。例えば今まで専門商社で経理の仕事をしていたが、アパレルで経理の仕事をしたいという転職ですと、経理の仕事は特殊な知識が必要ですが基本的な経理の知識は変わらないので、後はその企業のやり方を覚えればいいだけですので比較的転職しても即戦力になりますので採用されやすいと考えられます。

しかし異業種の異職種になると全く知識のないような新入社員とほぼ同じスタートラインに立っていて、それでかつ年齢が上である分その後のキャリア人生で企業でできる事も若い方に比べれば少なくなってしまうのでとても難しい転職になるのです。ですので今までのキャリアで少しでも転職後に使えそうな知識や技術、資格をしっかりと自分の中で整理して転職した会社でどのように還元できるかを考えておかなければいけません。必ずといっていいほど面接では聞かれる項目ですので、言葉で相手に伝えられるようにしておきましょう。

転職先が決まってから現職を辞めましょう

今の仕事と転職活動を同時進行するのは非常に難しい事ですが、解雇などされたわけではない限りできるだけ転職先が見つかるまでは現職もしっかりと頑張りましょう。

上記で異業種への転職の難しさは伝えてきましたが、今の不況の中就職できずに就職浪人している学生もたくさんいますし、年齢と共にだんだんと転職できる可能性が低くなってきます。20代でしたら今後の活躍を見込んで採用される可能性が高いものの、30代後半になると大体の人が仕事も一通り一人前の仕事ができてこれからは昇任を目指していく時期です。

自分の夢と現実的な自分の年齢、経験などとしっかり折り合いをつけて転職活動をするようにしましょう。もしも異業種で転職できなかった時に、例え同じ業種でも年齢によっては採用されにくい場合もあります。それらの事を踏まえて後悔のない転職活動をしましょう。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る