会社の将来への不安

社会人のための無理なく続けられる勉強方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人生は一生勉強!」でも仕事をしながら勉強を続けるのって、体力的にも精神的にもとてもしんどいですよね。そんな人のために、社会人でも無理なく続けられる勉強方法についてご紹介します。

なぜ勉強が続かないのか?

社会人の勉強と言えば、自社の商品の知識について研究したり、スキルアップ・転職のために資格取得に励んだり、色々と種類はあると思います。
いずれにしても、仕事から自宅に帰った後、気合を入れ直して勉強に取り掛かるのは、疲れもあるのでなかなか難しいものです。
また、休日は日ごろのストレスを解消するために、家族や友達、自分の趣味の時間に利用したいと考えている人も多いでしょう。
こうした時間に無理やり勉強をしても、心身にいい影響はありませんし、何より勉強が身に付かず、続けられない大きな要因となります。では、社会人として気持ちを維持しながら勉強を続けるには、どのような方法が最適なのでしょうか。

無理なく続ける!社会人のための勉強法 ~5つのポイント~

1.目標を定めて計画を立てる

まず、何よりも大切なのは、勉強の計画を立てることです。
資格の取得であれば、試験日から今日までの日を逆算して、勉強できる日数を確認しましょう。
資格取得以外の勉強(読書や英語のリスニングなどを続ける)という場合は、何か目標を立てることが大切です。
1か月に〇冊読む、週に一度は外国人と話す、などその勉強に合った“より具体的な目標”を設定しましょう。

2.“スキマ時間”を確保する

社会人としてどんなに忙しい人でも、スキマ時間、は必ずあるはずです。
その時間を自分で認識することが必要です。
たとえ仕事の日であっても、通勤電車での時間、外回りでの合間時間、ランチの時間、職場で雑談している時間など、いくらでもスキマの時間は見つけることができます。
無理なく勉強を続けられている社会人は、このスキマ時間を有効に活用することで、大切な休日や家族との時間も大切にしているのです。

3.自分のストレス解消法を知っておく

勉強とは基本的に楽しいものですが、精神的に疲れている時や難しい部分にぶつかって行き詰った時などはつらくなることもあります。
特に、社会人は学生とは違いそういう状況になりやすい環境にあります。
こうした時に、自分をリフレッシュさせるための方法を理解しておくことも、続けるために大切なポイントの1つです。

・ジムに行って汗を流す
・友人とお酒を飲む
・映画を見る
・マッサージに行く

など、人によって方法は様々でしょう。
ストレスが溜まったまま無理に勉強を続けてしまうと、内容がしっかりと頭に入らず、時間に対しての効率が格段に落ちてしまいます。
また「勉強=しんどい」という感覚が脳にインプットされることで、目標に対するモチベーションも下がってしまいかねません。

4.体調管理を怠らない

これはそもそも、社会人に求められる基本的なことですが、毎日仕事と勉強を両立して続けるためには、そのための身体と精神を健全に保つ必要があります。
毎日お酒を飲み過ぎる人は目標が達成できるまではアルコールを控えたり、不摂生になりがちな食生活の人は食事を改めてみたりと,“勉強するために必要な身体と心”を作っていきましょう。
もちろん身体の調子が良くなると勉強も捗りますし、「勉強のために生活習慣を改善する!」という姿勢は、まさに一石二鳥です。

5.勉強法を入念に考える・リサーチする

ただがむしゃらに勉強をすることも1つの方法ですが、無理なく続けるためには、効率よく最短距離で目標にたどり着きたいものです。
どんな勉強においても、“自分に最適な勉強法”というのがあるはずです。
丸丸暗記するのが得意な人もいれば、ロジカルで考えなければ覚えられない人もいるでしょう。
仮に、自分に最適な勉強法と真逆の方法で続けていると、次第に勉強が嫌なものに思えてきてしまいかねません。
社会人としての忙しい毎日の時間の中では、いかにストレスフリーに、効率的に勉強できるかを考え・ネットなどでリサーチすることは、勉強方法の優先順位としてもっとも上位にくると言ってもいいかもしれません。

以上、「社会人のための無理なく続けられる勉強方法」について、5つのポイントをご紹介しました。

eyecatch_077
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています。


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る