クリエイティブ

記者・ライターの仕事内容とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記者・ライターとはどういった仕事をするのか?また記者・ライターに必要なスキルとは?今回は記者・ライターの仕事を調査しました。

記者、ライターの仕事内容とは?

記者、ライターは、文章を書くプロフェッショナルであるといえるでしょう。
ライターや、記者の仕事は、雑誌や新聞の記事などを執筆する仕事になり、主に取材、執筆を行います。さまざまなメディアの記事は、まずは記者が記事を書き、そしてその後編集者によって記事を編集します。その後、アートディレクターが、イラストや写真などの素材をまとめて制作をするという流れになります。

しかし、会社によっては、ライターがこれらの全てのことを行っていたり、取材班とは完全に別部門とされているケースもあります。このため、記事を書く専門のライターなども存在します。

ライターの仕事は、とても幅広く、たとえばメディアや雑誌の記事などを執筆しているライターの仕事や、またインターネットサイトの記事を作成しているライターなど、仕事の種類などは幅広いです。特に、インターネットが爆発的に普及している現在の世の中では、さまざまな現場において、ライターの需要は高まっています。

また、クラウドソージングサイトで、個人として活躍しているライターもいれば、個人のブログライター、または、アフェリエイトライターとして働いている方も少なくありません。実力があれば、フリーランスとして活躍することも可能です。

色々な働き方がある記者・ライター

記者・ライターと言う職種の場合、編集プロダクションや、出版社に勤めるのが一般的です。正社員、そして契約社員やアルバイトで働く方法がありますが、出版社に勤める場合、まずはアルバイトである程度経験を積んでから正社員へと昇格することが多いです。記者、ライターの仕事は、未経験でも始めることができますが、経験者が有利となり、正社員として中途採用を目指す場合には、経験が必要となるケースが多いです。また、その後フリーランスとして独立をする方も多く、独立をして活躍をされている方も多いです。

独立後は、フリーランスとしての営業力が必要となります。しかし、在宅で働くことも可能ですし、在宅でライターとして活躍されている方も大勢います。

記者、ライターとして活躍するためには?

記者、ライターとして活躍するためには、特別な資格は必要がありません。しかし出版社や新聞社に就職する場合には、4年制大学を卒業していることが望ましいといえるでしょう。また、パソコンに関する最低限の知識や、一般常識、そして文章力などが必要です。

また、記者、ライターとして活躍するためには、編集部で働いていた経験が重要視されるケースも多いです。ライターとして活躍する場合、まずは現場でアルバイトとして経験を積む方もいます。いまは、さまざまなアルバイト、または業務委託で募集されていることも多いですので、まずは未経験から応募してライターとして活躍されている方もいます。この業界での収入ですが、その人の能力次第であるといえるでしょう。

記者やライターの仕事は専門性が高く、個人のスキル次第で、独立しても稼ぐことができる可能性も高いです。文章を書くのが何より好きと言う方には最適な仕事であるといえるでしょう。しかし、記者やライターの仕事は、締切厳守の仕事であり、残業を余儀なくされるケースも多く、激務であることも少なくありません。このため、体力、精神力なども必要な仕事であるといえるでしょう。

また、編集者やアートディレクターの方、さまざまな方と協力して記事を制作していく必要がありますし、独立した場合には、自分で営業を行う必要があります。このため、コミュニケーション能力が必要である仕事であるともいるでしょう。また、パソコンスキルや、基礎知識なども必要とされる仕事です。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る