仕事を探す

販促企画の仕事と検討する内容は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業の売上に貢献する役割で営業と対をなす販売促進。その販売促進を企画する役割を持つ販促企画の役割と仕事内容とは何なのかを調査しました。

販売を促進できるキャンペーンの実現

販促企画という部門の仕事は、販売を促進するために、どのような企画を立ち上げて、実際に商品を販売する際のメリットを生み出していくのかを作って行くことになります。この販促企画を行うことで、売上が大きく変化することもありますので、なるべく大手の企業では行うようにしています。自信のある商品の場合、もっと多くの人に購入してもらうために、何をしていけばいいのかを検討し、実際に行えるようにします。

キャンペーンと言っても、実は同じものを2度以上行うことは、かなり難しいことです。販促企画は、同じことを繰り返していると、売上が伸びなくなってしまい、消費者側が購入したいと考えることが薄れてしまいます。何度も同じことをするのではなく、商品に応じて、この企画を行うことが望ましいと考え、新しいことをなるべく行っていくことが大事になっています。過去の企画を踏まえたうえで、キャンペーンの実現に協力していくことが、販促企画には必要なことになります。

消費者にとってメリットのあることかを考える

一番大事なこととして、消費者の方が購入してくれて、それがメリットに繋がるようなキャンペーンなのかを検討して、販促企画を作らなければなりません。同じような企画を続けていくことが出来ないのは、消費者の方がメリットを受けられない可能性があるためで、そうした部分が出てくると、思っていたような売上につながりません。大事なことは、消費者のメリットを踏まえて、どのような企画を作っていくことが重要なのか、購入してもらえるメリットを踏まえて検討することです。

応募するキャンペーンの場合、必ず当たるようにしていないと、消費者の方が当たらないと思ってしまい、購入してくれない可能性もあります。また、販促企画では、ポイント式のサービスを行っているところもありますが、ポイントを貯めることが難しいと思われれば、これも繋がらない可能性があります。年齢層も含めて、カジュアルな販促企画を実現するのか、それともコアなユーザーを狙って販促企画を行うのか、これはかなり重要なポイントになっています。

実際にやってみて、その経過を踏まえて新しいことを実現しても構いませんが、消費者のメリットについては、会議の段階でしっかり説明できないと、採用されない企画に終わってしまいます。

終わった後は反省と新しいものの繰り返し

実際にその販促企画を実現した後は、その反省をしなければなりません。反省をすることによって、何が駄目だったのか、こうした年代からは評価されているといった情報が手に入ります。来年は同じような企画で、さらに別の商品を受け取れるようなキャンペーンにするなら、この反省を踏まえて販促企画を考えていくことになります。

また、担当する人は、新しい企画もすぐに考えなければならないので、大手の企業だと複数の商品を掛け持ちして、キャンペーンに携わることもあります。宣伝をしっかり行うべきかも含めて、販促企画の人は反省と企画の繰り返しを続けることになり、かなり難しい内容を考えていかなければなりません。

自分が出来る範囲で、実現できる方法をしっかり考えていくこと、そして会議に出して、実際に販促企画がもたらすメリットを話すことによって、着々と企画を実現して、その反省を踏まえて新しいものを作って行くことになります。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加