スキルアップ

転職がうまくいかない時にチェックする4つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今の仕事から別の仕事に転職をするための転職活動ですが、どうしてもそれがうまくいかないという事もあります。その時に行うべきこととは何なのでしょうか?

転職活動がうまくいかないときには?

転職というものは今の現状を大きく変えてしまうものとなりますので、そこにはプラスとなるメリットとマイナスとなるデメリットがどうしても生じてしまいます。転職活動がうまくいかないという状態はまさにマイナスであるデメリットといえる状態で、特に今の仕事を辞めた後で転職活動を行う場合にはなかなか転職先が決まらない、良い仕事が見つからない、面接などで失敗をしてしまうといった状態になる可能性も考えられます。こういった状態が続くと精神的にも追い込まれた状態になりやすく、その状態で転職活動を行ってもそこには焦りが生まれます。その焦りがさらに活動を阻害することになりますので、こうなってしまうと悪循環に入り込んだ状態でなかなか自分の思っているような転職活動が行い状態になってしまいます。そんな時は焦りを解消するための気分転換を行うことも重要で、常に転職のことばかりを考えていた場合にはそれが悪いほうへと作用してしまうことになります。それは自分の自信喪失にも繋がりますので、それを一旦解消し自信を回復させるためにも気分転換を行うと良いでしょう。何事も焦っても良い結果は生まれません。

何故転職するのかを考えよう

転職活動がうまくいかない場合、何故転職したいのかを今一度考えることも重要です。そもそもその転職は必要だったのか、何故今の仕事ではだめなのか、何が目的で転職を行おうとしているのかといった、基本的なことに今一度考えを戻してみることも重要なポイントとなります。なかなか転職が活動がうまくいかない場合、基本的なことを忘れていることもありますので、それを思い出し活動の意味を考えることも必要となります。そうすることで転職活動の意味を再確認できます。

自分の何が駄目なのかを考えよう

転職活動で何度も面接や書類審査に落ちてしまう場合、自分の何がだめなのかを考えてみることも必要です。特になかなか採用してもらえない場合、自分自身を見失っていることも考えられますし、なかなか採用してもらえない場合は何かしらの原因が自分自身にあると考える必要も出てきます。基本的に転職の場合企業側が求めている人材は即戦力となる優れた人材を欲していることが多いわけですから、もしかすると自分のスキルがその水準に達していない可能性もあるわけです。そのため面接などの失敗から自分に足りていないものを考えそれを補えるように努力をすることも必要となるでしょう。

自分の強みは何かを考えよう

転職活動がうまくいかない場合、相手企業に対して自分の強みであるアピールポイントをうまく説明できていない、アピールできていない可能性もあります。このアピールポイントを自分自身で正しく把握し、企業に対して売り込むことが転職を成功させるためには必要です。何か一つでもアピールポイントを見つけ、それを相手に認めてもらうことが出来れば転職もうまくいくでしょう。

後悔しないようにすることが重要

転職がうまくいかない場合、そこには後悔が生まれてくることもあります。しかし後悔してしまう場合は無理に転職をする必要がなかったと考えられますし、後悔するくらいなら最初から転職をしないほうが良いでしょう。一時の気まぐれやなんとなく転職をしようかなと考えている場合は、まず転職活動がうまくいかないと考えたほうが良いですし、その程度の気持ちでの転職は失敗すると理解する必要もあります。転職というものはそれほど簡単なものではありませんし、人生のターニングポイントとなり得る重要なものですので、簡単に考えるということはやめ、後悔の無いように信念を持って臨むことが転職成功のためには必要不可欠となるでしょう。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る