スキルアップ

転職してから3ヶ月間はストレスに要注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職は仮に成功したからといって必ずしもハッピーな生活が送れるというわけではありません。慣れない通勤経路や新しい人間関係の構築など転職して3ヶ月間は環境のストレスに耐えることが求められます。

どのようなストレスが降りかかってくるのか?

まず、最もストレスが大きいものは人間関係です。肉体労働系の会社に入ると毎日が運動会かと思うくらいに体を鍛えなければなりません。その上で、上司や先輩と上手に付き合っていかなければなりませんから、仮に体力に自信があっても上手にやりくり出来なかったり、気が利かなかったりすると仕事をする上で辛いと感じるでしょう。

また、事務作業系の仕事であれば、報告、連絡、相談を行うためにまずは全員の名前と顔を覚えなければなりません。また、さらにどのような報告の仕方が適切かを判断しなければならないのもストレスです。以前はわかりきっていたことが転職したことで白紙に戻るというのもまさにこのことです。

また、次にストレスになるものといえば、通勤です。人は片道せいぜい1時間半が通勤時間の限界ラインと言われています。転職活動で採用されるということは、相手側もおそらく通える範囲内と配慮しつつも、会社の規定の通勤経路通りに通勤しなければ、原則として罰則を受けます。また、途中で事故にあっても規定の通勤経路でなければ労災保険も下りません。

その他、会社に持ち込んで良い物や異性とのつきあい方、お手洗いの場所や会社のコンプライアンスなど確認することは山のようにあります。小さなことでストレスを受ける前に確認を怠らないようにしましょう。

ストレスは溜まったその日に発散すること

会社は社外との取り引き時はもちろんのこと、社内でもトラブルを起こしてはなりません。そのため、万が一ストレスフルな状態になって出社をしてイライラしながら仕事をするわけにはなりません。人との付き合いも波があってはいけないのが社会人としてのマナーですから、ストレスが溜まったらその日のうちに軽減しておくことが重要です。

例えば、カラオケに行くとか、美味しいものを食べるといったことです。お酒は次の日に影響する場合を除いてなら問題ありませんが、二日酔いになってしまったら絶対に次の日は出勤しないほうが良いです。

社会人たるもの自己管理は仕事のうちとはいえども、転職してから3ヶ月間は本当に厳しいものです。そんな時には、誰のために働いているのか考え、給料日に自分へのご褒美を想像してみるのも一つの手段です。

転職して3ヶ月を過ぎたならば

転職も結婚も「3日、3ヶ月、3年」という言葉があります。これは、転職してから3日を過ぎるくらいが山場で、その後3ヶ月、3年と時間が経過するに連れて安全期に入るという心理的な目安のことです。

結婚の場合は特に3年過ぎると、一生一緒にやっていけそうだなと思うことが多いようです。仕事の場合は3ヶ月を過ぎると会社の社員として認められ、3年過ぎると一人前とみなされることが多いようです。

3ヶ月という期間は短いようで、転職して仕事のメモを見返すと、こんなに覚えることが沢山あったのかと思うくらい長い時間です。心理学的の例の安全期に入るまでは「お金をもらいながら、教えてもらっているんだ」という心構えが大切です。また、3ヶ月まであと何日とカウントダウンするのはかえって疲れてしまいますから、常に初心を忘れずに働く姿勢が大切です。

ただ、息抜きの仕方を覚えたら、思いっきり贅沢することも大切です。もし、一般的な会社に入って有給休暇を貰えたら、最初はなるべく使わずにおいて、仕事に余裕が出てきたら一気にストレス発散するというのも楽しいでしょう。

このように、転職をしてから3ヶ月間はストレスを貯めこまない程度に我慢をし、余裕が出てきたら、自分へのご褒美を与えるといったリズムを作っていくことが大切です。ストレスと上手に付き合うことが出来れば、どの職場でも活躍していくことが出来るでしょう。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る