スキルアップ

転職で勇気が出ない人がすべき4つの事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職するには勇気が必要です。ですが、何も行動しなければ勇気も出ないので、まずは、求人をチェックしたり、知識を見につけて自分に自信を持つことが大切です。まずは、行動を起こしましょう。

転職を考えたことが一度くらいはあると思います。しかし、本当に仕事を辞めたいのに、今の仕事に踏みとどまったのは転職する勇気がなかったからという人はいるのではないでしょうか。特に、年齢が上がれば上がるほど転職先があるのか、今ほど安定した給料があるのかなど不安が付きまとうと思います。そうです、転職には多かれ少なかれ勇気が必要なのです。では、勇気がない人はどうしたら少しでも転職する勇気がもてるのか紹介します。

求人情報を得る事から

まず、一番最初に始めて欲しいのは求人情報を確認してみる事が大切です。まだ勇気がなくて転職に踏み切れなくても構いません。転職サイトに登録してたくさんの求人を見てあなたに合った求人を見つけることが出来たら勇気が出てくるのではないでしょうか。ですので、まずは、求人情報を眺める事から始めてください。

自分の人生、後悔したくないと覚悟を決める

周りにどう思われようが自分の人生なのだからと割り切る事が大切です。よく転職に踏みとどまる人であるのは、辞めてしまったら周りに迷惑かけてしまうとか、人間関係があるから辞めにくいと思う人です。周りの人の目もどうでも良いとは言いませんが、自分の人生だから後悔したくないと思うことが大切です。転職は何歳でしようと自由ですが、実際にある程度の年齢に行くと難しくなるのは事実です。ですので、後になって後悔しないように、自分の人生は自分で決めると覚悟をすれば少しは勇気が出ます。後から後悔しても遅いと思って頑張りましょう。

転職先で必要な技術を見につける

もし、転職したいと思っている職種が決まっているなら、まだ転職していなくても、あらかじめ勉強するのもオススメです。転職するか決まってなくても少しずつ始めてみると良いです。勇気がなくて転職を踏みとどまっているなら、勉強をあらかじめ始める事でその気になってくる可能性もありますし、勇気が出る場合もあります。転職するのをためらう人は自分に自信がない場合が多いです。新たな職場では上手くやっていけるのか、人間関係はどうなのかなど最初に不安になってしまい、身動きが取れなくなります。ですので、少しでも勉強していけば不安が少なくなります。ですので、あらかじめ勉強をして自信をつけましょう。また、転職した後から勉強するよりも転職前に勉強した方が転職した後も率先力になるのでオススメです。前もって勉強したり、知識をつけておきましょう。

転職は行動と自分と向き合う事で成功する

転職する時は誰でも勇気がいるものです。若い頃は勢いだけで行動できますが、歳を取れば取るほど臆病になってしまうのは誰にでもあります。ですが、勇気がないからといって何も行動しないと後から後悔してしまうのではないでしょうか。転職が出来るか出来ないかは勇気があるかないかだけなので、勇気を持つことがまずは大切です。ですが、何もしないと不安が募るばかりなので、まずは、いつ転職しても良いように準備をしておくことが大切です。もしかしたら、友人のすすめで明日にでも転職のチャンスがくるかもしれません。ですので、いつでも心の準備だけはしておきましょう。そのためには自分に自信を持つことです。自信を持つためにはあらかじめ下準備をしておく事が大切なので、しっかりと勉強をしておきましょう。転職しようか迷ったら、自分の今後のビジョンを描いてみるのも良いです。自分の10年後今の自分で良いのか、この会社で良いのかなど描いてみましょう。そうすれば、転職しなくて今の環境の方が良いと思うこともあるかもしれませんし、絶対転職したほうが良いと思うこともあると思います。もし、このままではダメだと思ったら勇気が出ますし、やる気になります。転職には勇気がつきものですので、覚悟を決めて挑んでください。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る