スキルアップ

転職で後悔しないために必要なこととは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職をするということは今の仕事や生活を大きく変えることが出来ると共に、今までの生活や仕事を手放すことにもなります。そのため後悔しない転職をすることが重要となります。

転職で後悔しないためには?

転職を考える人の多くが今の仕事や環境に不満がある場合が多く、後先考えずに焦って転職をしてしまうというケースが多いと言えます。そういったケースの場合転職したまでは良かったけれど、その転職に関して後悔してしまうということも多く結果的に転職を繰り返してしまうという状況に陥りやすくなってしまいます。これは典型的な転職失敗と呼べるケースで、そうならないためには転職を焦って行おうとせず、じっくりと考えて行うということが必要となります。基本的に転職を行う場合、今より環境や待遇面での改善が望めないのであれば無理に転職をする必要はありませんし、自分のやりたい仕事が転職先として向いているとも言いがたいと言えます。特にやりたい仕事と向いている仕事というものは全く異なりますので、イメージだけでやりたい仕事に転職するとイメージと異なっていて後悔することも多くなります。

今の状態だけでなく転職後のことも考えよう

転職を考える場合に最も多いのが不満から転職を考えるというケースで、この場合にはとにかく今の現状を変えたいと言うことばかりが先にたつため、転職後のことをあまり深く考えないまま転職先を決めてしまうケースが多くなります。これは最も後悔しやすくなる転職のパターンで、転職を行う場合現状からの脱却だけではなく、転職してからそこで仕事を続けられるかどうかをしっかりと考える必要があります。転職して今の現状から脱却できた場合、それがゴールではなくそこからが転職先での新しいスタートとなるわけです。そのため現状からの脱却に満足していると新たな転職先での仕事が思っていたのと違うなどの不満や後悔の念が生まれることになるので、転職を考える場合には現状を変えることも重要ですが、その後の仕事のことに重きを置いて転職先を考える必要があります。転職してからのほうがやることも多いですし、そこで働きつづけることを考えた場合にはしっかりと転職先のことをリサーチして納得した上で転職しなければいけないでしょう。

自分自信で転職先をリサーチしよう

転職を行う場合に後悔する人の特徴としては、転職サイトなどの情報を鵜呑みにしてそこの情報だけで転職を決めてしまうことが多いのが特徴です。転職サイトなどに記載されている情報は基本的な条件や待遇しか記載されていませんので、実際の運営状況や社内の雰囲気、仕事内容などは詳しくわからないことが多いと言えます。それはその会社のことを良く分からないまま転職するのと同じことですので、転職後に内部事情に気づき後悔するケースが多くなります。基本的に転職サイトなどの情報には悪い情報はまずきさいされていませんので、それだけを信用するのは非常に危険です。そのため転職をする際には自分自身でその企業のことをリサーチすることや、実際に働いている人の声を聞くことも重要な要素となります。それを行なった上で納得して初めて後悔しない転職になりますので、安易に転職先を決めるのは注意が必要でしょう。

転職の必要が無い場合は転職しない

良くある転職を後悔した話として、無理に転職しなくても良かったけれどなんとなく転職してしまったという話をよく聞きます。このなんとなく転職したという場合は、そのほとんどが後悔することに繋がっており、明確な転職の理由がないのに転職することは失敗に繋がる可能性が高くなります。そのため現状に特に不満も無く仕事もある程度や利害を感じているのであれば、今の現状を捨ててまで転職のリスクを犯す必要は無いと言えます。今よりも給与などが良くなるという話に飛びつくこともあると思いますが、それが現状を捨てるほどの魅力があるかどうかもしっかりと考えなければ、転職した後で後悔することになるでしょう。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る