WEB・インターネット・ゲーム

転職には意外と費用がかかることを知っておきましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職をすることで今の仕事よりもやりがいのある仕事や待遇面のでの改善が可能になる場合が多いですが、転職するには費用がかかることを知っておくことも重要なことだと言えます。

転職には費用が必要

今の仕事に不満がある場合や今よりも好条件の仕事に就きたいと考えた場合、転職を行うという選択肢が最も良い方法となる場合が多いでしょう。そのため思い立ったが吉日とばかりにすぐ転職を行おうと考える人も少なくないと思いますが、実は転職をするにはかなりの費用が必要となり、その費用を準備しないまま転職活動を行うことは、仮に転職が成功したとしても生活の困窮を招くことになってしまいます。一見転職するのには費用など必要ないように見えますが、実際には転職活動中には収入がゼロになっているということを考えておかなければいけません。基本的に転職活動を行う場合には今の会社を辞めてから転職活動を行うことになりますので、その間の収入は完全に無い状態となります。失業給付金に関しても自分から仕事を辞めた場合には自己都合退職となるので3ヶ月間の間は給付されることがありません。そのため転職活動中の生活費や活動を行うための移動費用、そして転職活動に使用するための衣類などの購入費などが必ず必要となってくるわけです。生活費には食費や光熱費、家賃や保険に加入している場合は保険料なども必要となってくるため、転職活動中に必要となる費用はかなりの金額になることが予想されます。そのため思い立ってすぐに転職活動を始めるというのはとても無謀なことだといえます。もし家族が居ればその家族にも負担を強いることになりますし、その場合さらに費用が増えることになることをしっかり理解しておきましょう。

転職するまでの期間が重要

転職活動中の費用の平均額は実に50万円以上必要となるといわれています。そのため出来るだけ早く転職先を見つけることが重要で、転職活動の期間が延びれば延びるほど、必要となる費用は右肩上がりに増加していくことになります。転職期間が延びるということは、それだけ無収入で過ごす期間が延びることになるわけですので、蓄えが無い場合はどんどん生活自体が困窮して行きますし、蓄えが合った場合でもそれを食いつぶしていくことになります。そのためあらかじめどれくらいの期間で転職活動を終了させるのかの計画を立てることが重要ですし、転職を考えるのであればある程度の転職費用を別途準備しておくことも必要となります。もしある程度の長期スパンで転職活動を考えているのであれば、転職費用と共に3ヶ月後から支給されることになる失業給付金の手続きを行っておくことも必要で、手続きを行うことで費用面での負担を軽減できます。

転職を考える場合は事前準備を

転職を考える場合には実際に転職活動を始める前から事前準備をしっかりとしておくことが重要となります。出来るだけ費用負担を抑えたいのであれば、まだ今の会社に在籍して給与が出ている間に転職先を見つけておくなどは必要不可欠なことですし、休日などを利用して転職先に目星をつけておくことや、その会社の人と接点を持ち転職についての話をしておくことも重要となります。もちろん企業によっては今の仕事を辞めてから出ないと面接も出来ないという場合が多いですが、前もって話をしておくことでその面接に関してもスムーズに行うことが可能になります。要するに転職を行う場合にはいかに事前準備をしっかりと行っておくかが費用面での負担を少なく出来るかに繋がりますし、転職という行為は思い立ってすぐに始めるものではないということを正しく理解しておく必要もあります。転職は今の生活自体も大きく変えてしまうことになる行為ですし、転職先が決まるまでは費用が嵩んでいくことを知った上で、しっかりと準備を整えて転職活動を行うようにしましょう。そうすることでスムーズな転職が可能になります。

Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています。


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る