スキルアップ

転職の現実を知り応募先を決定する大切さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職には、現実というものが必ずあります。理想と現実は大きく違っていることを理解していないと、応募先の決定で失敗して、転職が難しくなることもあります。

現実として厳しいところがある

転職をしたいと思っている人は、まず転職という部分の現実を知らなければなりません。もし現実を知らないままに考えていると、失敗することが増えてしまいます。現実を理解すること、そして何が必要かをしっかり確かめてから、応募先の決定や、転職していいことがあるかなと考えたほうがいいのです。適当に転職先を決めてしまうと、厳しい現実に直面することになりますので、そのために必要なことを理解しておくことになります。

基本的に、現実というのはまだ厳しいところがあります。転職したいと思っても、経験が無いからというだけで断られてしまったり、経歴を見てあまりいいと思えないので、書類選考の段階で落とされることも結構あります。採用したいと思っている企業はかなり多いことは事実ですが、求めている人物像はかなり高いものがあり、採用を無理して行っているわけでもありません。結構品定めをして、その中でいいと思えるような人を採用しているので、決してチャンスが広いわけでもありません。

転職したいと思っている人は、企業によって現実はかなり厳しいこと、応募してもすぐに採用されるわけでもなく、色々な見られてしまうことを知ってください。どれだけ業績がアップして、採用したい人を増やしたいと思っても、転職は即戦力狙いとされている部分があります。余程人に困っていない場合でなければ、基本的に採用するために色々な部分を確認して、戦力して確保できるかどうかによって、決められている現実があります。

新卒採用を狙っている企業が多いのも理由

転職の現実がまだ厳しい状態となっているのは、新卒採用を積極的に行っているところが多くなっているからです。新卒であれば、前職の仕事や企業の色もついておらず安い給料で1から指導することが出来て、戦力として作ることができるなどのメリットがあるので、企業としてはかなり使いやすい方法です。転職の場合は、未経験者が応募してくることもあり、1からやっていくことが困難だと思われてしまえば、採用をためらわれることも多々あります。

現実として、新卒の方がいいと思っている企業もありますから、転職したいと思っても、なかなか難しいところはあります。特に大企業は、余程キャリアを持っていない限り、採用しないケースが多いです。本当に出来る人だけ採用して、後は新卒でゆっくり育てていくというのが、今の大企業に多い傾向です。転職をする場合は、余程実績を持っている自覚があるか、キャリアを積み上げて狙っていかないと、いい転職は出来ません。

中小企業は人材不足で転職が容易に

一方で、中小企業については、人材不足が深刻的な状態になっていることもあります。新卒を採用しても、なかなか力になってくれず、辞められてしまい人が足りなくなってしまうこともあります。転職の現実は、中小企業にとっても厳しいものとなっており、こちらは応募してくれる人が少ないために、なかなか確保できない部分もあります。

特に建設業などを中心として、若い人が不足しており、転職でもいいから採用できる人を積極的に確保していることがあります。足りない部門については、中小企業のようなところなら、やる気と根性さえあれば採用してくれることもあります。体力を使う仕事じゃないものでも、採用してくれるところは多いために、小さいところでゆっくり仕事をしたいなら、採用される可能性はそれなりにあります。

大企業と違って、人材確保に厳しい現実を持っている中小企業は、転職によって確保できる人というのは凄く大事なものです。転職を考えているときは、大企業の現実と中小企業へのチャンスというものをしっかり見て、もしできるようなところがあれば、どんどん中小企業も見ていくといいです。そこで経験を積みキャリアアップを狙うのも一つの手段になりえます。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る