WEB・インターネット・ゲーム

転職サイトでの仕事の探し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職をするための秘訣は、当たり前のことが多いかもしれません。しかし、その当たり前のことを行うことが年齢を重ねる毎に難しく感じるものです。転職をスムーズに行うための仕事の探し方についてご案内します。

なぜ転職するのか

今の仕事が嫌だから転職をしたいのか、今よりも良い待遇の仕事に就きたいのか、転職をする時は何故、転職をしたいのかよく考えることが大切です。安易に、今の職場の人間関係や仕事内容に不満を持っている場合は、転職をしたからといって今よりも良い職場かどうかも分からないからです。

また、一人暮らしをしている方と実家住まいの方とでは、仕事の探し方が全くことなります。一人暮らしの方が仕事をいきなり辞めて、転職活動をするのは危険です。最初は、2~3か月もあれば何とか次の仕事が見つかると、軽く考えてしまうものですが、意外と1か月はあっと言う間に過ぎてしまいます。最初は、転職サイトに登録して、積極的に応募をしていても、何の成果も無い状態が続くと、前向きな気持ちも徐々に後ろ向きになってしまいます。そして、何の成果も得られずに、生活費がかかる毎日は、精神的な焦りを感じ始めます。このまま仕事が見つからなかったらどうしようという不安な気持ちが強くなってきます。

このような不安な気持ちに陥らないためには、仕事をしながら転職活動するのが一番です。次の仕事が決まっていない状態で、いきなり仕事を辞めるのは生活費なの金銭面で不安が付きまとうものですが、仕事をしながらであれば、焦る必要がありません。それに、現在の仕事が嫌だからといっても、転職活動しながらであれば、仕事が決まったら辞めらえるという目先の目標が生まれると仕事も苦ではなくなる筈です。

転職サイトへの登録

最近の転職サイトでは、土日や夜遅い時間帯までカウンセリングを行っているところが多くなっています。多面式のカウンセリングが無理な場合は、電話によるカウンセリングを行っているところを利用するという方法があります。また、転職サイトでは、転職先が決まったら転職する日程や給与などについて、先方と話をしてくれるので、仕事の探し方としてはスムーズに転職することができます。

転職サイトは、1社ではなく複数社登録しておくことをお勧めします。何故なら、転職サイトによって、得意な分野とそうでない分野があるからです。また、非公開求人の内容も、転職サイトによって異なるケースが多々ありますので、急に欠員が出たので1名募集しますといった求人に巡り合うかもしれません。また、スキルを持っていないから転職サイトに登録するのが恥ずかしいといった方でも、必ずそれぞれに適した仕事を担当者が紹介してくれますので頑張りましょう。

それから、仕事を選ぶ際には自分の意向だけでなく、転職サイトの担当者の意見にも耳を傾けるようにしましょう。第三者の意見は、耳が痛くなるような厳しい意見もあるかもしれませんが、時には新しい分野に挑戦する機会を見出すチャンスにもなります。それと、面接に合格するために、話し方や表情に問題がないか冷静にチェックしてもらうことで、面接スキルをアップさせることができます。面接に合格するためにできることは、沢山あるはずですが、一人だとどうしても気が弛んでしまいいます。でも、転職サイトの担当者のチェックによって、どんどん改善していくことができるでしょう。

転職の目標

転職を成功させるためには、明確な目標をもつことが大切です。資格を活かした仕事をしたいなどの要望があった方が、転職サイトの担当者も仕事を紹介しやすくなります。希望する職種や雇用形態などが漠然としていると、仕事を探す際に目移りしてしまいますが、明確な目標があれば効率的に仕事を探すことができるようになります。

転職活動を長期化させないためには、どんどん応募して面接を受けることです。どうしても仕事が見つからない場合は、派遣会社に登録することも考えてみましょう。妥協してアルバイトを始めるよりは安定的に働くこともできますし、派遣社員として働きながら転職活動をするという方法もあります。

c7a1d6252add1fc14b6ab7056ce7dfa048
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています。


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る