ITエンジニアのスキルアップ

転職時の面接で聞かれる志望動機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

面接において必ず聞かれる志望動機。企業は人材採用で応募者の志望動機を最重視すると言われます。なぜなら志望動機からは応募者のここでは志望動機について考えてみます。

面接で語られるのは「応募者のストーリー」

採用面接において、面接官はまずエントリーシート・履歴書・職務経歴書などの情報をもとに応募者の人物像を想定します。面接での質問はその信憑性の確認作業であり、提出書類からは見えてこない部分を知るためのものです。転職理由、志望動機、将来の夢、自己PRなど様々な質問により、内定候補者となり得るかを判断していくわけですが、最も重視するのが志望動機であると言われています。

「当社を志望する理由を聞かせてください」

応募者の志望動機からはたくさんのことが読み取れます。
キャリアビジョン、企業理解度、自らの市場価値認識など、採用すべき人物かどうかを判断するためのポイントがいくつも含まれています。

もちろん志望動機ですべてを判断するわけではありません。過去の経歴、転職理由、志望動機、将来ビジョンと応募者の過去から現在、未来へのストーリーが「企業の求める人物像」に合致するかどうかを見極めようとしているのです。

志望動機が大事な理由

将来性や潜在能力に期待する新卒採用とは異なり、中途採用の場合はまず、スキル・経験ほか採用要件を満たす者が選考の対象となり、そこに個別の人物評価が加わり採否が決定されます。

志望動機を聞くことでわかるのは、応募者の企業研究の度合い、企業文化の理解度、仕事への意欲など。つまり企業が知りたいと思っているのは、「その企業でなければならない理由」です。
企業が最終的に採用するのは「この人に仕事を任せてみたい」「この人と一緒に働きたい」と思える人。経験・知識が十分でも、組織に適応できない人や他のメンバーと共通の価値観を持てない人とは、誰も一緒に働きたいとは思わないでしょう。

企業にはそれぞれ独自の文化、風土、慣習などがあります。これらの類は表面的な企業研究では知ることはできません。見た目や収入だけで結婚相手を選べないのと同じで、給与や仕事内容だけで就職先を選ぶことはできないはず。この会社でなければならない理由は徹底的に会社を知ることでしか得られないものなのです。

転職が成功するか否かは、じつは準備の段階で決まっています。それは「自分を知り、相手を知り、急所を射抜く」ことを準備できているかということです。
「自分を知る」とは、自分の市場価値を知っているということであり、自信を持ってセールスポイントを語れるということ。
「相手を知る」とは企業風土・文化、価値観、人材育成、経営者の想い、意思決定の基準など、企業の深いところまでを理解し、適性を見極めているということ。
「急所を射抜く」とはこの会社でなければならない・この人でなければならないという意思疎通ができるということです。

確固たるキャリアビジョンを描き、やりたいことを明確にする。志望動機とはそれを具体的にするためのものと考えてください。

rootsvision
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る