スキルアップ

転職活動のモチベーションを下げずに維持する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今の仕事から異なる仕事に転職を考える場合、転職活動中のモチベーションを維持し続けることが非常に重要です。如何にしてモチベーションを維持し続けるかで転職の成功の可否が決まってきます。

転職活動でモチベーションが下がる理由

現在働いている会社を辞めて違う会社に転職を考える場合、転職活動中のモチベーションをどれだけ保ち続けることが出来るかがとても重用なポイントとなります。モチベーションの維持は転職するための気持ちを切らさないことに繋がりますし、モチベーションを維持することで自分が希望した仕事などに転職することが成功することになります。しかし転職活動中にモチベーションが低下してしまうと、転職そのものが上手くいかなくなる恐れもありますし、それにより会社を辞めてしまったことへの後悔にも繋がってしまいます。モチベーション低下の原因となる要因としては、なかなか転職先が見つからない場合や、気持ち的に余裕がなくなってきた場合、転職自体に興味が薄れた場合や自分自身に対して自信が持てなくなくなってしまった場合が挙げられます。なかなか転職先が見つからない場合はそれが焦りを生みますし、自分自身への不満が募り自信を喪失することにもなります。精神的な余裕がなくなる原因としては転職活動が長引くことでの費用の増大やそれによる生活の困窮が関係してきます。転職自体に興味が無くなるということも、長く転職活動を行っていると連動して起き易くなってしまうため、これらの要因は複雑に絡み合ってモチベーションの低下を招いてしまう原因となってしまいます。一度モチベーションが低下してしまうとそれを回復させるのは容易ではありませんし、モチベーションが落ちてしまうととりあえず何処でもいいから転職先を見つけようという妥協にも繋がります。これは転職活動が成功したことにはなりませんし、妥協して始めた仕事はまず長続きしませんので、モチベーションの維持がとても重要であることがわかるのではないでしょうか。それを知ることで初めて転職活動を行う用意が出来たといえるでしょう。

モチベーションを維持するためには

モチベーションを維持し続けるのはとても難しいことですが、維持をするために最も重要なのが自分自身が信念を持って転職活動を行えるかどうかということです。そのため転職活動を始めるための準備も必要ですし、精神的な焦りを生まないための費用の準備なども大事になってきます。何より括弧たる信念をもてないのであれば初めから転職を行うべきではありませんし、もし途中でモチベーションが下がり妥協してしまうとか、転職に対して興味を失うようであれば、考えていた転職先への情熱はその程度だったということです。そのため自分に信念があることはとても重要な要素といえ、それが欠けているのであれば転職は成功しないと考える必要があるでしょう。

仕事を続けながらの転職活動も考えよう

転職活動を続ける上ではどうしても費用の捻出が必要不可欠になり、それがモチベーションを低下させてしまう原因になります。そのため長期間の転職活動に必要な費用の捻出や用意が難しいのであれば、今の仕事を継続させながらの転職活動も選択肢として考えるべきでしょう。今の仕事を継続しながらだとなかなか転職先を見つけることは出来ないかもしれませんが、少なくとも費用面でのモチベーション低下は防ぐことが出来ますし、今の仕事を続けることにより本当に転職する必要があるのかということに関しても再確認をすることが出来ます。もしそれでも転職したいのであればその想いは本物ですし、仕事を続けながらなので生活自体が困窮する心配も無い為モチベーションを高く保ちながらの活動が可能になります。最終的にモチベーションを維持できるかどうかは自分自身の心持ち一つとなりますので、メンタル面を鍛えてモチベーションを保てるようにすることも必要となってくるでしょう。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る