スキルアップ

転職活動を始める最適なタイミングとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「最近転職を考え始めたけれど、果たして今がそのタイミングなのかわからない」そんな悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか?転職に踏み切るベストのタイミングについて考えてみましょう。

収入があなたの価値ではない

転職して年収が大幅に下がった。
採用条件をクリアしていたはずなのに、どこにも採用してもらえなかった。
転職エージェントから、希望条件に合致する案件はないと言われた。
これらの要因として考えられるのは、「自分の市場価値」の過大評価。

あなたは社内トップクラスの営業マン。今年課長に昇進し、年収は1000万以上とします。
営業力には自信があり、転職後も課長職以上・年収1000万は譲れない。
果たしてあなたは転職市場ではどう評価されるでしょうか?

扱っている商材が国内トップシェアを誇る商品力を持つなら売れて当たり前と言えます。
あなたが課長にしたのは、あなたの会社の人事評価によるものでしかありません。

転職人材の市場価値とは転職市場での相場であり、転職者が決めるものではありません。
転職活動は、まず転職者市場における自分の価値を正しく知ることから始まるのです。

人材の市場価値とは?

人材の市場価値とは、ビジネススキル+ヒューマンスキルの総合値を相対的に評価したものであり、勤務先の企業規模、年収額、業績などは考慮されません。どんな環境においても持ち運び可能な人材の能力、それが市場価値です。自分の市場価値を把握するには、第三者からの客観的評価を知る必要があります。転職を具体的に検討しているなら、転職市場を知り尽くしている転職エージェントに相談するのは有効な手段です。また様々な診断テストを行うのも自分の市場価値確認の目安となるかもしれません。

次に市場価値の高め方。ポイントは仕事そのものにあります。まず、自分の仕事を客観的に評価する習慣を持つこと。自分にできること・できないこと、得意なこと・苦手なことなどを常に意識することが大事です。成功と失敗、それぞれから学ぶことを心掛けましょう。人材の市場価値とは、達成感の積み重ねで成り立つものであり、自ら成長させるという意欲がなければ高めることはできません。
また、社外に広く目を向けることも大事です。社内にだけ目を向けていると、限定された価値観の中での評価に捉われ市場価値の本質に気付くことができません。

転職のタイミングは自らの市場価値が最大になった時

いい転職とは、大企業や有名企業に転職することではありません。明確なキャリアビジョンに基づいて、自分にとってベストの転職を果たすことです。
自分の今後のキャリアにおいて理想の転職とはどんなものか?
その転職を果たすために必要な市場価値を満たしているか?
この2つのポイントがクリアであることが、いい転職のための条件となります。

転職を意識し始めたら、まずは今後のキャリアを長期的なスパンで考えてみましょう。その上で理想の転職とはどんなものかを具体的に検討し、そのためには必要な市場価値を満たしているかどうかを分析します。転職すべきベストのタイミングとは、キャリアビジョンが明確であり、転職人材としての市場価値を十分満たしているという自信を得た時です。

rootsvision
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

 仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る