スキルアップ

BtoCの営業の仕事内容と向いている人とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BtoCの営業とはどういった仕事をするのか?またBtoCの営業の流れやBtoCの営業に向いている人とは?今回はBtoCの営業の仕事を調査しました。

BtoCの営業とは何か?

営業と言う仕事を知っている人は多いと思いますが、営業にもBtoBやBtoCという種類があります。BtoBはBusiness To Businessの略で企業対企業の営業、一方のBtoCはBusiness To Consumerの略で、企業対個人の営業と言うことになります。その為BtoCの営業職と言う仕事は、一個人を相手にして商品やサービスを売り込み販売や契約を行うという仕事内容となるため、企業対企業であるBtoBよりも身近な仕事と言うことになります。その為個人が相手と言うこともありますので、営業マンの話術や印象が売り上げや契約にとても大きな影響を与えますし、営業マンのスキルによって売上が伸びるか伸びないかが変わってくることになります。

BtoCの営業の流れ

BtoCの営業を行う場合、そこには決められた営業の流れと言うものがあります。基本的には個人宅に訪問して営業を行うというスタイルが多く、いきなり商品を買ってくださいといってもまずその商品は売れないでしょう。これは営業の流れを無視した販売を行ってしまったためで、営業を行う場合にはまず顧客に対しアプローチを行い、その後その顧客との話の中から何を欲しているのかを確認し、そこで初めて商品やサービスのプレゼンテーションを行います。まずはアプローチを行いこちらの話に興味を持ってもらうことが必要ですし、興味がない人に対していくらプレゼンテーションを行ってもそれは商品やサービスが売れることにはなりません。その為話をする中でその顧客のことを判断する必要があります。そしてプレゼンテーションが終わって商品を購入、サービスの契約を行う事で営業の業務が終了することになります。しかしここで注意しなければいけないのが、売りっぱなしやサービスを契約したらそれっきり顔も見せないと言うのは営業としてはダメな行為で、販売やサービス契約後のフォローまで含めて営業の仕事と言うことになります。基本的に営業は商品を販売したりサービスの案内をするだけではなく、その後のフォローや相談にのるということも仕事の一つになりますので、会社の顔として顧客のところに訪問していると言う事を忘れてはいけません。

BtoCの営業に向いている人とは?

BtoCの営業に必要なのは巧みな話術と売り込むサービスや商品の知識が豊富なこと、そして自分自身のプレゼンに自信をもって顧客と接することが出来る人が向いているといえます。個人相手の営業ですので見た目の印象も重要で、身だしなみに気を配れる人であることなども必須条件となります。話術が上手くないと話を聞いてもらえませんし、相手の話を聞く能力に長けていることも必要となります。商品を押し売りせず、押すところは押し引く場合は素早く引くと言う引き際の良さも必要な要素となります。ここで無理に押し売りするような営業は後々のトラブルを引き起こす可能性も高いですし、押し売りされたと感じた場合にはクレームになる確率も高くなります。その為話術や場の空気を読むスキルを身に着けていることが条件と言えます。それと顧客に対して自信を持って商品などを説明できることはとても重要で、曖昧な説明や自信なさげな態度での売り込みは、相手に対して不安を与えることになるので、そういった態度をとらないことも必要条件だと言えるでしょう。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る