スキルアップ

ITバイトをすべき4つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学生時代の体験で、今の自分に影響を与えたものは何ですか?
社会人にこんな問いかけをしてみると、サークル・ゼミ・留学などと並んで多い答がアルバイト。若者のアルバイト先としては居酒屋などの外食関係やコンビニ店員などが人気のようですが、将来のキャリアを考えた場合、それらとは違うアルバイトをしてみてもいいのでは?

アルバイトは就労型インターンシップと等しい

「企業と学生のミスマッチ解消」を目的に、日本でインターンシップ制度が導入されたのが1997年。導入から20年が経ち、インターンシップ制度導入の効果はどうだったかと言えば、企業側・大学側の双方ともに「十分な学習効果を得るには期間が短い」との見解を示しています。
多くの社会人が現在のキャリア形成に学生時代のアルバイトが役に立っていると答えているのを見ると、アルバイトを「将来のキャリアビジョンを描くためのインターンシップ」と捉えてみても良いのではないでしょうか?

転職を目指して退職したもののなかなか就職先が決まらず、現在はアルバイトをしながら転職活動中という方もおられるでしょう。そんな方を含めて、将来に活かせるアルバイトについてお話ししたいと思います。

視野が広がるITバイト

居酒屋やコンビニのバイトに限らず、どんなアルバイトでも学べることはたくさんあります。業界について深く知りたいなら、その業界で働いてみるのが近道とも言えます。アルバイトをきっかけに業界・仕事についての理解を深め、本業としてやってみたいという動機を獲得することもあるでしょう。しかし、志望職種が別にある場合は単なる収入を得る手段です。それは少し、もったいない気がします。

ここでなぜITバイトを推奨しているかと言えば、それはIT産業が世の中のあらゆるビジネスと密接に関わる産業だから。世の中のあらゆるビジネスと繋がれる仕事を通じて、自らの視野を広げることができるのはITならではのメリットではないでしょうか?将来どのようなキャリアを歩むとしても、ITバイトは絶好の学習機会となると思います。

ITバイトをすべき理由

なぜITバイトなのか、具体的に解説しましょう。

①技術の進化が早く、世の中の動きをいち早く知ることができる

IT技術は常に技術革新を繰り返しています。変化のスピードの速い業界で生き残るには、自分もその変化についていくための自助努力が必要となるため、自己成長を促す姿勢が身に付くはずです。

②あらゆる産業について知ることができる

現代においてはあらゆる産業の情報システム化が進んでいます。金融・保険・流通・メーカーをはじめ、多彩な取引先との関わりが深くなるため、幅広い知識と理解を得ることができます。

③論理的思考が身に付く

IT業界で働く人々の出身分野は多彩ですが、みな論理的思考力を身につけています。優秀な人材も多く、実務を通じて論理的思考法を学べるのは大きなメリットと言えます。

④未経験をエンジニアに育成する

ITエンジニアと言えば、ゴリゴリの理系というイメージがあるかもしれません。システム開発会社にはまったくの未経験者をプログラマ・SEへと育成している企業も多く、ゼロからエンジニアリングを学ぶことが可能です。

rootsvision
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る