ベンチャー・中小企業に転職

it系ベンチャーの仕事とやりがい、必要スキルとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な業界で広まるベンチャー起業の動き。その中でも群を抜いて数の多いIT系ベンチャー企業。今回はIT系ベンチャー企業の、やりがいや必要なスキルを調査しました。

IT系ベンチャーとは?

現在ごく当たり前のように利用しているインターネットなどのIT技術ですが、これが日本に浸透したのはそれほど歴史が深いわけではなく、この数十年で休息に発展し浸透してきた感があります。このIT技術を生み出しているのがit系と呼ばれる業種で、その中でも最先端の技術や機器、ソフトなどを開発し提供しているのがIT系ベンチャーと呼ばれる業種となります。通常の大手IT系企業とは異なり、IT系ベンチャーの場合はまだ世に出ていない最先端の技術の開発などを行うことになりますので、基本的には時代の最先端をひた走る業種ということになります。そのため常に時代の一歩先を見据えた仕事というものが求められますし、それについていける柔軟な思考も必要となります。

IT系ベンチャーの仕事とやりがい

IT系ベンチャー企業の仕事のほとんどは、ITに関連した技術やソフトなどの開発となりますので基本的な根っこの部分は大手のIT系企業と変わらないと考えても良いでしょう。しかし大手との決定的な違いは、大手IT系企業の場合、すでに存在している技術やソフトの維持やアップデートといった仕事が主なものとなるため、革新的な技術の開発などを行うことは無く、どちらかといえば保守的な仕事内容となります。そのため仕事自体は非常に安定していますし、ソフトや技術提供に関しても今まであったものをより使いやすくするということが主な仕事内容となるので、どちらかといえば地味な作業となる場合が多いと言えます。一方のIT系ベンチャー企業の仕事の場合、今まで市場には存在していなかった技術の開発などを率先して行うことが仕事内容となりますので、その点で言えば大手IT系企業の仕事とは異なり、攻めの仕事内容ということになります。自らの手で新たな技術を開発したり、見たことも無いようなソフトやアプリを提供することが出来るため、非常に仕事に関してはやりがいがあるといえます。しかしデメリットも存在しており、今まで存在していなかった技術やソフトなどを提供することになりますので、それが受け入れられるかどうかで会社自体の存続にも関わる問題が生じることも少なくありません。そのため安定性という面で考えた場合にはとても不安定であることは否めないでしょう。しかし常に時代の最先端に立ち、新しい技術革新の場に携われるということは、とてもやりがいのある仕事となりますし、もしそれが成功した場合には多大な利益を生み出すことも出来ますので、ベンチャーならではの充実感というものは感じることが出来ます。

IT系ベンチャーに必要なスキルなど

IT系ベンチャーに必要なスキルとしては、やはりIT系ということもありますのでパソコンやネットワークといった専門的な分野に特化したスキルは持ち合わせている必要があります。ソフト作成に関してはプログラミング能力も必要となりますし、ネットワーク系の技術に関しては、ネットワークの仕組みに精通している必要もあります。そのためitエンジニアクラスのスキルがあるほうがIT系ベンチャーには向いていると言えますので、ITに疎い人はIT系ベンチャーの仕事には不向きだと言えます。それと最も重要になるのが時代をリードする思考が行えるかどうかということで、柔軟な思考能力や閃きなども、今まで無い技術などを生み出すためには必要不可欠な要素となります。そのため通常とは異なる考え方が出来る人や、時代は何を求めているのかを敏感に察知できる洞察力なども備えていると、尚一層IT系ベンチャーの仕事に向いているといえるでしょう。そのためIT系スキルだけではIT系ベンチャーは務まらないと考える必要があります。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る