ITエンジニアのスキルアップ

SEOコンサルタントの仕事と必要なスキル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SEOコンサルタントとはどういった仕事をするのか?またSEOコンサルタントに必要なスキルとは?今回はSEOコンサルタントの仕事を調査しました。

SEOとは

ウェブページやネットなどでよく見る「SEO」は「Search Engine Organization」の略であり、検索エンジンの最適化を指します。ブログやサイト運営をしている人はよくご存知かもしれませんが、サイトは検索エンジンからの流入が一番多いのです。ですから、検索エンジンの上位に自分のサイトが載ることは、アクセス数を増やすために一番に必要なことなのです。

SEOは自分だけでできるものなのか

SEOは、詳しい人ならば自分で何とかできる範囲のものではあります。具体的な方法としては、自分で作ったウェブページに「メタタグ」と呼ばれるタグを追加し、そのタグの中にキーワードを追加して、そのキーワードで検索してきた人に対して、検索エンジンに自分のページを上位に表示させるために行うのが「SEO対策」なのです。

SEOコンサルタントに頼むということ

ただし、サイト制作に詳しくない人や素人の方は、自分でページを作ったとしてもどうやってキーワード選定を行ったらよいのか、どうすれば検索エンジンで自サイトが上位に表示されるようになるのかがわからない方がいらっしゃいます。その時に役立つのがSEOコンサルタントという職業のです。SEOコンサルタントはクライアントのサイトに対し、自らの経験やサイト構築のヒントを提示し、クライアントのサイトのアクセスが伸びることが何よりの喜びです。そのため、SEOコンサルタントは膨大なウェブの知識、検索エンジンの知識、そして顧客とのコミュニケーションを密に取る能力に長けていなくてはなりません。

なぜなら、SEOという仕事は顧客のサイトを掃除し、見直すことが求められますから、いかにして顧客の満足するようなサイトを作るのか、問題があった時にどう対処するのかが求められる仕事です。そのため、一般の仕事よりもコミュニケーション力がとても大切になる仕事なのです。

SEOコンサルタントの善し悪しを見分けるために必要なこと

SEOコンサルタントに外部委託をする場合、SEOコンサルタントにも良い業者もいれば悪い業者もいます。これを見分けるためには、検索順位を上げるということに対して、業者側がどのようなことを気をつけているかということにこだわらなくてはなりません。悪質なSEOコンサルタントは以下のような方法を提示してくることがありますのでご注意ください。

古いSEO方法を提示してくる

2010年ごろまで通用した方法で、外部からのリンクをたくさん貼るという方法を取るパターンです。いわゆる「外部リンクがたくさん貼られていれば良いサイト」と判断されていたのが、2011年以降はGoogleの検索エンジンが改定され、外部リンクをSEO会社がどんどん貼って検索順位を上げる方法はもはや通用しません。そればかりかペナルティを食らい、ページ順位が下がってしまうといったこともあります。

外部リンクの解除料などを取ろうとする

そういった問題が起きてから解除料金などを取得しようとする業者もいます。リンクを外すためにさらなる料金を取ろうと待ち構えているわけです。

頼んだコンテンツがサイトの内容と合っていない

これが一番大事かもしれません。SEOで一番大事なのは「内部コンテンツの充実」です。役に立ったページがたくさんあったり、そのサイトに需要があるから誰かが見てくれるわけで、サイトがウェブ系なのに、ろくな記事が書かれていないサイトは検索順位は上がりません。ページ数だけ多くて中身が無いサイトは検索エンジンから見ても「役に立たないページ」と判断されますから、自動的に順位も下がります。それを知っての上でコンテンツを充実させますと言いながら、内容がないページを追加しまくる業者は悪質ですので、中身のあるコンテンツを作ることができるコンサルタントに巡りあうことがとても重要です。

良質なSEOコンサルタントと出会うために

良いコンサルタントと出会うためには、業界の人間の口コミや本などを読み、さらに頼む側のクライアントにSEOの知識があることが重要です。何も知らないと業者の良し悪しも見分けることができませんので、プロに丸投げすればいいと思っている方がいたら、そこは少し待ってください。まずは自分で「SEOとはどういうものか」「検索順位」などについてしっかりと学び、ある程度知識を蓄えた上でコンサルタント会社と契約をするようにしてください。もちろん、契約書を確認する作業も入りますので、契約書におかしなことが書かれていないかについても精査してください。

良質なSEOコンサルタントは、内容の充実をしっかり行った上で検索順位を上げてくれます。そのためにも内部コンテンツの充実を第一に考え、なおかつ検索エンジンの知識も豊富で、アルゴリズムの変更などがあればその都度変更をかけたりしてくれるコンサルタントとは良い業者と言えます。

どの業界でも同じですが、常に顧客の立場に立ち、豊富な知識とコミュニケーションで助けてくれる業者を選べるよう、顧客も知識を身につけて悪質な業者に引っかからないようにしましょう。

SEOコンサルタントになるには

企業の中でSEO担当として従事する場合も、SEOコンサルタントになり企業をコンサルする場合でも、技術の進歩が速いwebに関する知識とgoogle等の検索ロボットへの知識のアップデートを常に行える事が重要です。知識のアップデートを行い続けなければ知識が陳腐化し直ぐに使えない人材になってしまいます。

これからSEOコンサルタントを目指す方は、webの知識(HTMLから勉強しましょう)と検索エンジンの仕組みを勉強する事をお勧めします。また、google等は検索エンジンをアップデートした時にマニュアルを出したりしますので、素早くトレンドを押さえる為に英語の文章を理解できる程度の英語力を持っていると知識のアップデートも早く行えます。

Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る