タグ一覧

仕事から逃げたい人に捧げる三つのメッセージ

仕事に行くのが憂鬱だったり、責任重大な仕事にプレッシャーを感じていたりすると、仕事から逃げたい、楽になりたいと思うのも無理はありません。仕事から逃げたい人に是非読んでほしいメッセージが三つあります。

 

転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

限界のときは迷惑をかけてもいいのです

仕事が大変だと、仕事から逃げたくなることもあるでしょう。
なぜ自分だけが、こんなに大変な仕事をしなければならないのだろう。
周りの人が察してサポートしてくれたら、こんな思いをすることもないのに。
そんなことを思うときもあるかもしれません。
「迷惑かけてもいいんだ」、と思ってみてください。
たったこれだけで気持ちが楽になります。
周りの人は、あなたが辛い思いをしていることを分かっていないのでしょう。
自分がそういう経験をしないと分からないですから。
あなたと同じような立場になった時に、やっと分かってもらえます。
必死に頑張っても、一人でできることには限界があります。
あなたは仕事から逃げたいと思っているのですから、もう限界のはずです。
素直に、「助けてください」と言いましょう。
本当はとっくに限界なのに、なんとかしようと一人で抱え込んでしまうと、周りの人は、「一人でできる」と勘違いします。
「助けてください」という、たった一言を言わなかったことで、あとあと後悔するかもしれませんよ?もう周りの人に言いましたか?「限界です。
助けてください」と。
まだ言っていないのなら言ってみましょう。
仕事から逃げたいと思うことは、悪いことではありません。
人間に備わっている防衛本能です。
仕事から逃げたいと思うのは、「仕事を頑張らなければ」という気持ちと、「自分にはできないかも」という気持ちが葛藤している状態です。
力を貸してくれそうな人を見つけて、その人と相談しながら仕事をすれば、気持ちが楽になりますよ。
言っても助けてくれなかったら、それまでになってしまうかもしれません。
でも、あなたは頑張りすぎといっていいほど頑張っているのに、まだ頑張るつもりですか?まだ自分を追いつめるのですか? 周りが変わることを望むなら、まずは自分が変わりましょう。

仕事から逃げる前に一歩踏み出してみましょう

仕事から逃げたいと思うくらいですから、相談する人が誰もいないのかもしれません。
その点、酔っぱらって管を巻いているおじさんたちは、辛いことや嫌なことがあっても分かち合える同僚がいるので恵まれているといえます。
本当に辛いことがあると、誰かとどうこうしようとは思いません。
逃げたいと人に言えるうちは、まだ望みがあります。
本当に逃げたい人は、誰にも言わずに仕事を辞めます。
それだけ限界だったということです。
あなたの上司も同僚も、辛いことや嫌なことは体験しているはずです。
だからといって、あなたも我慢しろとは言いません。
我慢しすぎるとうつ病になってしまうことも少なくないですから。
仕事から逃げたいと思っているのに逃げないのは、転職先があるか分からないからという理由なら、その不安を解消しながら辞める方向で進めて行けばいいと思います。
ハローワークに行って、自分が働けそうな募集はあるのか、派遣ならどのくらいの給料が貰えるのか、などを調べてみましょう。
そういったことを把握しておけば、辞めようと思えばいつでも辞められるという安心感を得られて楽になります。
今すぐ逃げるのではなく、まずは一歩踏み出してみましょう。

自分に起こる問題は自分で解決できるからこそ起こるのです

仕事やプレッシャーから逃げて自分に何が残るのか、考えてみたことはありますか?10年後、20年後の自分を想像してみてください。
きっと怖くなるはずです。
逃げずに真正面から向き合い、困難を受け入れて戦うことによって、「逃げたい」という気持ちはなくなります。
自分に起こる問題は、自分で解決できるからこそ起こるのです。
日本経済を揺るがすような問題は、あなたには降りかかりません。
そう考えれば、少しは気が楽になるでしょう。
仕事から逃げる前に、あなたにはやるべきことがあります。
病気になるほど頑張る必要はありません。
病気になってしまったら、いざというときの逃げ場を失ってしまいます。
三つのメッセージの中から、あなたの心に響いたことを実践してみてください。
仕事に対して前向きになれるお手伝いができたのなら幸いです。

 

転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP