タグ一覧

仕事が暇すぎるので辛い!暇すぎる仕事を充実させる方法

仕事が暇過ぎるのはとても辛いものです。贅沢な悩みだと思う人もいますが、経験者にしかわからない辛さだといえます。仕事が暇すぎて辛い人でも仕事を充実させる方法があるのでご紹介します。

 

自己成長できる企業の求人情報

 

資格を取るために勉強する

暇な時間をビジネスマナーや国家試験など、自分が取りたい資格の勉強時間にあてることも、暇を解消する方法の一つです。
業種によって、さまざまな資格があります。
暇な時間を、興味があったり役に立ちそうだったりする資格の勉強時間にあててみてはいかがでしょうか。
資格を取得すれば仕事のスキルアップに繋がるので、将来的にも有効な時間活用法といえます。
仕事がなくてボーっとしていると、周りから見て良い印象には映りません。
しかし、資格の勉強をしている姿は好印象に映ります。
くれぐれも個人的な趣味に走らないように注意してください。
暇すぎるといっても仕事中です。
仕事に関係する資格の勉強をするようにしましょう。

Office系ソフトを完璧に使いこなせるようにする

会社のPCには大抵Office系ソフトが一通り入っていると思います。
ExcelやWord、PowerPointのスキルは必須となっている会社も多いので、完璧に使いこなせるようになることを目標にしてみてはいかがでしょうか。
ExcelやPowerPointは非常に奥が深いソフトなので、一朝一夕で習得できるものではありません。
Office系ソフトの勉強は、仕事の一環として行っていることなので、会社からのお咎めもないはずです。

雑務に徹する

仕事がないのであれば、自分で仕事を作るスタンスも必要です。
・コピー用紙やチラシなどの古紙でメモ用紙を作る ・いらない紙を全て集めてシュレッダーにかける ・仕事のマニュアル作り ・棚を整理する ・倉庫を整理する ・名刺を整理する ・職場にある全てのPCを綺麗にする ・共有スペースや給湯室の掃除 ほんの一例ですが、まだまだたくさんあります。
ただやるだけではなく、自分なりの工夫をすることがポイントです。
たとえば、ただメモ用紙を作るだけではなく、必要な項目をあらかじめ列記しておくと便利ですよね。
PCの掃除は、キーボードの細かいほこりまで取ってあげると喜ばれるでしょう。
地味な作業でも、ちょっとした工夫で楽しくなるものです。

上司だけではなく同僚からも仕事をもらう

仕事が暇すぎるといっても、全社員がやることがないわけではないと思います。
上司に、「なにか仕事はないですか?」と伺う人は多いでしょう。
しかし、同僚にも声をかけている人はあまりいません。
雑務に徹しつつ、同僚にも「手伝えることがあったらやらせてください」と、声をかけて回りましょう。
本当は手伝って欲しいのに躊躇しているのかもしれません。
暇疲れしてボーっとしていると、やる気がなさそうに見えてしまいます。
そんな人に大事な仕事を手伝ってもらおうとは思わないですよね。
余計なことをするなと怒られることもあるかもしれません。
しかし、開き直ってしまえば怖いものはなくなります。
そのようなスタンスでいると、不思議なことに仕事が集まってきます。

転職も選択肢の一つ

仕事が暇すぎると感じている人は、基本的にやる気がある人です。
やる気はあるのに仕事がないから苦痛になります。
そういう人は、職場を変えればやる気を存分に発揮することができます。
とはいえ、そう簡単には転職できない人も多いでしょう。
しかし、今の職場で働いている時間は、人生において非常に無駄な時間になってしまう可能性もあります。
やる気がある人に合う職場はたくさんあるので、後悔しないためにも転職を考えてもいいでしょう。
その際には、職場選びが非常に重要となるので、同じ状況に陥らないように、しっかりとリサーチしておくことが大切です。
●まとめ 仕事が暇すぎる原因の多くは、会社や上司の問題です。
しかし、上司が変わったり転職したりしない限りは、状況が変わることは難しいでしょう。
暇すぎる仕事の中でも、自分なりのやりがいを見つけて頑張ってみてはいかがでしょうか。
決して無理はしないでくださいね。
精神が病んでしまっては、仕事自体ができなくなってしまいます。
仕事が暇すぎるのはとても辛いですが、まずは今回解説したことを試してみてください。
今までとは違った気持ちで仕事ができるようになることを願っています。

 

自己成長できる企業の求人情報

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP