タグ一覧

仕事が覚えられない人の特徴と対処法

仕事が覚えられないのには原因がある

新入社員であれば最初から仕事がバリバリできると言う人は少ないですので、仕事が覚えられないという状況でもある程度大目に見てもらうことは出来ます。
しかし中には何カ月たっても仕事が覚えられないと言う人も存在しており、その状態は自分自身の評価を下げるだけでなく同じ社内の人にも会社にも迷惑をかけることになります。
そのため何故仕事が覚えられないのかを自分で突き止めることが必要となります。
仕事が覚えられない場合その原因としては様々なことが絡み合っていることが考えられますが、最も多いのが仕事が覚えられないのではなく、覚える気が無いということが挙げられます。
この覚える気が無いと言う状況はそもそも仕事に対する接し方が間違っていると言えますので、それを自覚しなければいつまで経っても仕事を覚えることは出来ないと考えなければいけません。
特に与えられた仕事しかしないといった人の場合は、与えられた以外の仕事を覚える気が無い為、仕事が覚えられないという状況を作り出してしまうことになります。
仕事と言うものは自分から聞いて覚えなければまず身に付くものではありませんので、こういったケースの場合は仕事に対する考え方を根本的に見直す必要があります。
自分から率先して教えてもらおうと言う気があれば、それはしっかりと吸収出来て仕事を覚えることが出来ます。
しかし人から言われたことを聞いただけで覚えた気になっている場合には実際には吸収出来ていないためわからないことが出てきて仕事が行き詰まるということも起きることになります。

仕事を分かったふりをするのも問題

仕事が覚えられない人の場合、仕事を分かったふりをしていることも大きな問題だと言えます。
初めて与えられた仕事の場合、必ず分からない部分なども出てきますがそれを知ったかぶりで分かったふりをしていると実際には分らない部分もあるわけですから、仕事でのミスも増えることになります。
これは仕事が覚えられていないと言う状況だと言えますので、分らないことはどんどん聞いて分かるようになることが重要です。
よく人に聞くのは恥ずかしいとか、こんな簡単なこともわからないのかと思われたくないと言った無駄なプライドや羞恥心が邪魔をする場合もありますが、むしろ知らないままのほうがよほど恥ずかしいことですし仕事に対して支障をきたすことになりますので、余計なプライドなどは捨て去り分らないことは分らないということと、知っている人にどんどん聞いて吸収することが必要となります。

メモを取ることで仕事が覚えられないを解消

仕事を覚える場合には頭の中では分かったと思っていても、実際に仕事をしていく上でそれが分らないという状況になることも考えられます。
その場合にメモをしっかりと取っていれば分らないことであってもメモを見ることで解消することが出来ますので、仕事が覚えられないという状況を改善することが出来ます。
メモを取る人と取らない人では仕事を覚えるスピードにも差が出てきますし、メモを取っておくことでミスなどを未然に防ぐことにも繋がります。
頭の中に入っているから大丈夫と言っている人ほど仕事が覚えられないというケースが多いのも事実ですので、頭の中にメモするのではなく、実際に書いてメモすることを実践することが重要です。
書くと言うことはとても重要で、書いたことにより記録も残りますし書くことで頭にも入りやすくなります。
そのため仕事を覚えるには聞いて納得するよりも書いて納得することを身に着けるようにすると覚えやすくなるでしょう。
メモを取ることで見返すことも出来ますのでその点でもメリットがあります。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP