タグ一覧

仕事は段取りが8割。段取り上手な人の特徴とは

仕事を円滑に進める上で大事なことは、段取りをいかにしておくことかということだと思います。忙しいビジネス業界においては、少ない時間の中で、最大の効果を生み出すためには段取りが大切です。

 

自己成長できる企業の求人情報

 

目まぐるしく、時間が過ぎていく。
そのようなビジネスシーンは、当たり前のように存在する昨今。
それでも、そつなくこなしているビジネスマンはたくさんいます。
それが今では、当たり前のようになってきています。
昔は、残業をしながら、目標に対して仕事を完遂していくことが、評価につながっていました。
しかし、現在では残業をせずに決められた時間内に仕事を終えることが、能力の高い人として評価される時代です。
就業中時間内にキチンと仕事をこなして、アフターは自分の時間を過ごすこと。
こらこそが現代のビジネススタイルとも呼べるでしょう。
では、このように忙しい中でも、どのようなことで限られた時間を有効的に使っているのでしょうか。

仕事の段取りが大事

「段取りができれば、8割仕事が終わっている」。
そんな言葉を聞いたことがないでしょうか? 仕事を円滑に進めるためには、段取りが大事だと言われています。
そのためには、現在、自分が携わっている仕事のタイムスケジュールに基づき、締め切りであるエンドの日程から逆算して仕事の段取りを考えておくことが重要になってきます。
1ヶ月後に締め切りが節制されているのであれば、1週間後には、どの時点まで仕事が進んでいなければならないのか? 目標を達成するためには、どのような項目をいつまでに終わらせておく必要があるのか? また、そのための準備項目はあるのか? そのようなことを1つ1つ整理しながら、確認しておくことが大事なのです。

段取りの中で、支援者・協力者も作っておく

仕事を進めていく上で、もう1つ大事なことは、人に任せることができる項目や分野は、支援者や協力者にお願いすることも必要です。
大型の取り組みやプロジェクトになればなるほど、そのような対処の仕方が大事になってくることは言うまでもありません。
支援者に協力を求める時も、その人にお願いするための段取りが必要になってきます。
いきなり、支援をお願いをするのでなく、根回しをしておくことが大事です。
その人に対して、どのようなことを、いつまでにやって欲しいのか。
要望項目を詳しく説明する前に、その人や上司を通じて相談しておくことも必要になってきます。
それこそが段取りの1つになります。
このようなことを積み重ねて、仕事を進めることが大事なのです。

段取りは具体的なアクションだけでなく頭の中でもできる

通勤電車の中や出社前にオフィスの近くのカフェで、パソコンや手帳を広げて、黙々と仕事をしている人がいます。
今日1日のスタートから、どんなことを始めればいいのか、そのような場所でも確認することは可能です。
また、パソコンや手帳を広げずとも、頭の中で整理しておくだけでも、大きく変わってきます。
仕事の段取りを頭の中で整理しておくだけでも、朝一番からのスタートダッシュが図れるのです。
しかし、頭の中で整理できる人は、既にその前に事前準備ができている人とも言えるでしょう。
頭の中での整理はあくまで、仕事のやるべき項目の再確認レベルですから、頭のなかで整理ができる人はやはり早め早めの段取りができているのでしょう。

会議こそ段取りが重要

仕事ができる人は、会議の事前準備も素晴らしく、忙しい時間でも短時間で打ち合わせを終えることができます。
これこそ、会議出席予定者に対しての根回しや段取りが上手なのです。
このように仕事を円滑に進行させるためには、いかに段取り、事前準備が大事になってくるかということなのです。
今は、10分でも5分でも、無駄な時間を省きたい人が多いでしょう。
したがって、彼らのようにスムーズに仕事をこなしている人は、資料の見た目など以上に段取りに時間をかけているのです。
それがビジネスで成功している人の姿と言えるでしょう。

 

自己成長できる企業の求人情報

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP