タグ一覧

仕事とは

企業における「仕事」とは、単純に製造、販売などの「職種」と考えて良いでしょう。如何なる仕事(=職種)でも「やっている」のと「やらされている」のとでは成果や疲労度に大きな違いが出るものです。

 

転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

あなたの仕事とは?

初対面の日本人同士の会話でよく耳にする事の一つに「今はどのようなお仕事をされているのですか?」と言う質問があります。
そしてその質問に対する答として「XX会社に勤めています」のように、勤め先の会社名や業界名を言う人が多いのですが、これを米国人に尋ねた場合は「自動車のメンテナンスをやっています」のように、具体的な職種を言う人が殆どです。
その違いは「仕事」と言う日本語をどのような英単語に置き換えて質問したかにもよると考えられます。
「仕事」に関する英単語には [Business] [Job] [Task] [Work] [Occupation]等がありますので、そのどの単語を使うかによって「質問の意図」に対する米国人の理解度は異なるのかも知れません。
しかしながら、そのどの単語を使っても「何と言う会社に勤めているのですか?」との意味と理解される事は殆ど無いと言ってよいでしょう。
となるとその違いはどこにあるのでしょうか。

会社優先か、仕事優先か

そこには二つの理由が考えられます。
先ずは単純に、米国人の話の順番は常に「個」から「集団」へと展開していく習慣が有るからです。
自己紹介の姓名は、個を特定する「名前」を先に言い、家族という集団を特定する「姓」が後、住所では「番地」から始まり「町」「市」「州」へ、従って「仕事」も「職種」が「会社名」よりも先になるのでしょう。
もう一つは、過去より米国には終身雇用制度や年功序列制度がなかったことから、日本人のように「安定している会社」に入社し、そこで与えられる仕事をやると言う「会社優先」の考え方が米国人には少なく、自分の「やりたい仕事」がやり易い会社に入り、そこが期待外れであれば他社に移ると言う「仕事優先」の考え方を持つ者が多いことでしょう。
勿論日本でも最近はこの傾向が強くなり、会社優先の「就社」よりも仕事優先の「就職」を目指す者は増えつつありますが、それはあくまでも「やりたい仕事」が明確になっている者だけです。
多くの場合はそれが明確では無く、どのような仕事があって、どのような仕事が出来るのか?と悩んだりするものです。

やりたい仕事か、やらされる仕事か

そう悩む原因の一つに「仕事とは」をどう定義しているかがありそうです。
辞書的に言えば「しなければいけない事」「収入を得る為の勤め」あるいは力学的に「ある物体に力を加えて位置を動かす事」等となりますが、企業活動に於ける「仕事」には「書類を作る事」「コピーする事」「掃除をする事」などの具体的な行動が沢山ありますので、そのような小分類の中でやりたい事、やりたくない事を選ぶと言うのは非現実的です。
かといって「役員として経営に加わる事」「管理職として社員を管理する事」等も明日から早速と言う訳にはいきません。
従ってここでは、「モノづくりをする事」「営業活動をする事」などの「職種」と定義して、自分のやりたい仕事=職種を明確にする事が合理的でしょう。
こう定義した上で、どのような職種があって、どのような職種に向いているのか等と悩む場合は、先ず「就社」して、その会社の中で「やりた職種」を見つけ、その会社の中で「就職」するのも良いですし、どうしても社内にその仕事に就く道が無ければ他社へ「転社」すれば良いのです。
やりたい職種を変えずに会社を変えるのは「転職」ではなく「転社」であり、米国人が普通に行っているジョブホッピングです。
仕事とは、それが「やりたい事(職種)であった場合に大きな成果」を生み、「やらされている事(職種)であった場合には大きな疲労」だけが残るものです。
やりたい仕事の為の「転社」はポジティブな行動です。
それでも真の就職が出来ない場合には「転職」して新たな職種に就くのも良いでしょう。

 

転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP