タグ一覧

仕事をすぐ辞めてしまって続かない人のための3つの改善方法

適正を調べて自分に合った仕事をする

非常に根本的な部分なので今更と思う人も居るかもしれません。
しかし、それでも本当に今まで働いてきた業種が自分に合っていたのかを見つめ直してみてください。
自分に合っていない仕事はどうしても辛く感じやすく、離職する可能性も非常に高いと言えます。
就職活動をする際に自己診断などを行った人も多いと思います。
そのため自分の適性は知っていると思い込んでいる人もかなり多いのです。
いくつかの職について知識の量や考え方なども変化しているはずです。
変化した自分の価値観なども含めて本当に自分に合った仕事を見つけ出す事は重要です。
何度も転職を繰り返していても前職と関係の深い同系統の仕事をしている事も少なくありません。
人間関係などのトラブルで離職する場合は同業他社への転職なども考えられますが、仕事内容がストレスとなって辞める場合には苦手な職種で何度転職をしてもあまり意味はないでしょう。
自分に合った仕事であればストレスを最小限に抑えることができるでしょう。
まったく辛いことのない仕事はそうそう見つかりませんが、ストレスを最小限にする事ができれば長期的に働ける可能性は格段に高くなります。

必要以上に真面目に仕事をしない

転職を繰り返してすぐに仕事を辞めてしまう人にはパターンが2つあります。
単純に能力が低すぎて辞めざるを得ないケースと真面目に取り組みすぎる事でストレスを抱えてしまうケースです。
前者については努力不足か、繰り返しになりますが適性のある職種でない可能性が高いです。
後者の場合は真面目に仕事をしなければ問題を解決できる可能性が高くなります。
真面目に働くという事は悪い事ではありませんが、特に日本においては賃金以上の働きを要求される事が少なくありません。
とにかく安い給料で最大限に働かせようとする会社であったり、必要以上のクオリティの仕事を要求されるなんて事もあります。
真面目な人ほど理不尽な要求でも応えようとしてしまう傾向があるのです。
真面目に仕事をするあまり他の人よりも負担が大きくなり離職に繋がってしまうのです。
一般的な会社であればある程度手を抜いて仕事をしていても即クビや減給になる事はありません。
また、会社組織としては多少手を抜いても運営に支障をきたさないような体制を整えているべきです。
つまり最大限努力せずとも仕事がスムーズに進むくらいが健全な会社という事です。
自分の仕事量や負担が適切であるかどうか考えて、場合によっては適度に手を抜いて働くという事も必要です。
手を抜く事の正当性を認識していれば真面目な人でも働き方を変えることは難しくないでしょう。

仕事以外の居場所を作る

仕事が生活の全てになってしまうと仕事の優先度が高すぎてちょっとした事でも気になってしまいます。
そこで趣味だったり家庭だったり何でも良いので仕事よりも優先順位の高いものを作ってみましょう。
居場所は本当になんでも良くて、趣味のサークルに所属するなどで十分環境が変わるでしょう。
インターネット上で中の良い人を作るなんて事でも随分違ってきます。
仕事の優先順位が下がると辞めやすくなると感じる人も居ると思います。
しかし、実際には仕事の優先順位を低くすることで何かあっても大した事ではないと考える事ができるようになります。
何かがあった時にも「自分には○○があるんだ」と割り切ることができるので自分自身を避難させる事ができます。
結果として仕事を辞める状況に至りにくくなります。
例えば趣味最優先の人であれば趣味のためにお金を稼ぐモチベーションは維持できるでしょう。
一方で仕事のストレスは趣味で発散する事ができます。
仕事の優先順位を低くしてメリハリのある生活をする事が仕事を長く続けるポイントです。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP