タグ一覧

私たちはなぜ仕事を辞めたいと思うのか

仕事を辞めたい気持ちになるのはなぜなのか

おそらく、仕事を好きで毎日している人はかなり少ないのではないでしょうか。
その理由として、ほとんどの方は自身の好きな仕事に就くことができていなかったり、入社してからやりたい仕事とのギャップの差に愕然としてしまったというケースも挙げられます。
当然ですが、私たちは仕事をしてお給料を貰うために、ボランティアをしているわけではありませんよね? それだけ高いノルマであったり、たくさんの仕事量を果たさなければいけないために、それがストレスになってしまったり、成果が思うように上がらなくて苦しんでいる人々も多数いらっしゃいます。
そのストレスがどんどん蓄積されていき、いつの間にか仕事をするのがイヤになってしまうことや、会社に行きたくないと思う心理も働いてしまい、辞めたい欲求も大きくなることもあるでしょう。
私たちはロボットではないために、日々のプレッシャーやストレスから開放されたいと思うこともしばしばあります。
ストレスやプレッシャーに負けてしまう人も最近は以前よりも多くなったことから、会社を早期に退職する人も多くなっているのです。
辞めたい心理が働くとやる気も阻害され、知らず知らずのうちにミスも多くなり、それが原因で辞めてしまうことも多いのではないでしょうか。

会社の環境や上司と合わない

これは多くの方々が抱える問題として挙げられますが、職場環境は大きく左右することもあって、職場の環境に馴染めない人や、会社に苦手な上司がいたり、パワハラをする上司がいるとなれば、当然会社を辞めたい!仕事辞めたい!そう思う回数も増えてくるはずです。
仕事辞めたい!という気持ちが強くなればなるほど、会社に行きたくない仕事をしたくない!という心理が働いてしまうのです。
そうなればモチベーションの低下が激しくなり、仕事をしていても全くやりがいを感じないですよね?気持ちはとても大切なので、職場環境に馴染めないことや、会社に苦手な上司や同僚がいれば、仕事を辞めたいと思う気持ちが大きくなってしまうはずです。
仕事でのストレスやプレッシャーは想像以上ですし、それに耐え切れなくなったときであれば、退職してしまうことになる可能性が高くなるでしょう。
勤務先環境というのは非常に大きなウエイトを占めるため、いかに自身に合った良い会社で働けるかが重要になるのかもしれませんね。

ブラック企業ブラック待遇が辞めたい気持ちを加速させる

最近ではブラック企業という言葉を頻繁に使うようになりましたが、やはり、それだけ劣悪な環境で仕事をさせる会社も増えているのです。
例えば、きちんと残業代を支給しなかったり、法定時間を大きく上回る残業時間を強いるなど、過酷な環境を強いられることも少なくありません。
それらが重なり、仕事辞めたい!行きたくない!そう思う気持ちを加速させるのです。
入社してからこんなはずじゃなかったと嘆いても遅く、仕事選択のミスマッチで会社を辞めたいと思うことも多くあるでしょう。
今では新型うつやうつ病が昔に比べても増えています。
ブラックな会社が多くなったことで、そのような傾向になる人も多いのです。
これは大きな問題ですし、仕事辞めたいという心理を大きくさせてしまうのではないでしょうか。
ブラック企業のブラック待遇こそが、私たちに仕事を辞めたいと思わせる気持ちを増大させてしまっている可能性も否めないのです。
1日の半分ほどは会社にいることが多いでしょうし、ブラック企業だと1日に15時間ほど勤務させることも珍しくないのです。
そのような無理をさせることで、うつ病になってしまったり、会社を辞めざるを得なくなった人も決して少なくないのです。
ブラック企業の劣悪な環境も、仕事を辞めたい!そう思わせていると言えるでしょう。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP