タグ一覧

仕事を辞めたいと思ったら考えてみるべき3つのこと

会社勤めで仕事をしていると、誰しもが一度は「辞めたい」と思ったことがあるでしょう。しかし、そう思ったときによく考えるべき3つのことがあるのです。

 

転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

退職した後の手続き関係のことを考える

これは私的体験となりますが、会社を辞めると面倒な手続きが発生します。
まず、退職後すぐにハローワークに行き、離職票を提出して失業保険をもらう手続きをすることから始めなければなりません。
そして年金の切り替えも行うことになります。
任意継続か新たに国民年金に加入するのかは個人の自由ですが、保険や年金の手続きのため、公共施設に何度も足を運ぶこともあります。
こういった手続きの煩雑さを考えると、早まって会社を辞めないほうがよいという考え方もあるかもしれません。

退職後の気持ちの持って行き方を考える

会社を退職すると、気持ちがとたんに萎える人がいます。
人間というものは意外に長く気持ちを維持するのは難しい生き物です。
退職前に「会社を辞めても絶対に気持ちは萎えず、早く次の就職をするぞ」と決めていても、いざ辞めてしまうと、早い人は1ヶ月程度で気持ちが萎えてしまいます。
そうすると次への就職意欲というものがなくなってしまいがちになり、結果的に家にこもってしまったり、遊びに熱心になってしまったりして、いつの間にか就職する意欲が消えてしまうという危険性すらあるのです。
人は一度家に戻ってしまうと、また外に戻るまでに時間がかかります。
個人的な経験で言えば、会社を辞めて1年以上無職期間が続いたら、もう「家モード」に気持ちが戻ってしまい、自分の部屋が一番落ち着く場所になります。
すると会社で働いているときの気持ちを忘れてしまうのです。
ここから気持ちを戻すのはかなりのエネルギーを必要とします。
自治体の就職サポートセンターに行ったり、履歴書・職務経歴書の書き方などを学びながら再就職を目指すといった人もいるため、「会社にいる時の方が楽だった」という気持ちになることも多いのです。

安易な退職はオススメしません

今の会社が本当にパワハラなどが酷く、それでどうしようもない理由で辞めたいと思うなら別ですが、そうでなければ「今の会社より次の会社がいい待遇に決まっている」という思い込みは捨て、安易な退職はしないようにしましょう。
日本社会の労働環境は転職に寛容な会社がある一方、「転職=すぐ辞める人」という思われ方をされかねません。
ステップアップをするための転職ならまだ大丈夫ですが、とりあえず辞めてから次のことを考えようとするなら、それはしないほうが無難です。

転職したいなら会社に在籍しながら行う

転職活動を行いたいなら、会社に居ながらにして行いましょう。
生活費の確保が第一です。
会社を辞めてゆっくり仕事を探そうと思ったら、まず時間がかかるということは覚えておきましょう。
ただし、それまであなたが転職活動に必要なスキルや経歴を備えているならすぐに見つかるかもしれません。
ただし、転職活動は運と縁です。
運があって縁がなければ巡り会えないのも事実です。
何十社と履歴書を送り、面接をしても、全部落ちた挙句に生活費だけが減り続けるといったことだけは避けなければなりません。
会社で働いていれば少なくとも給料は確保できますし、会社に勤めているという事実はあるわけですから、転職先から見ても「この人はすぐ入社させても働いてくれそうだ」という好印象を持たせることが可能なのです。

仕事を辞めたいと思ったらちょっと考えてみるべき3つのことのまとめ

仕事を辞めたいと思っているのはあなただけではありません。
世の中には多くの人が自分の会社以外にいい会社があるのではないだろうか、ということを考えるものなのです。
しかし、あなたが今いる会社が一番かもしれないという考えも持っておいてください。
「隣の芝生は青く見える」という格言のように、他人の会社はよく見えるものです。
蓋を開けてみれば、前にいた会社のほうがよっぽど良かったということも少なくないのです。
仕事を辞めたいと思ったら、上記のことをよく考え、本当に今の会社を辞めても後悔しないかどうかを肝に銘じて考えてみてください。

 

転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP