タグ一覧

転職のきっかけ”多様化”と”成功の条件”

きっかけは“百人百色”

皆さんは転職を考え始める人のきっかけで多いのはどういった理由だと思いますか。
インターネットの広告やビジネス書で広く言われているのは、夢をかなえるため・年収を上げるため・他にやりたい仕事が見つかったため、などという“前向きなきっかけ”が多いように思います。
ですが、転職を考えるきっかけとしては実は“マイナスな理由”が多いのです。
これは私個人の意見ではなく、大手の人材派遣会社による調査からわかったことです。
では、データとして公表されている中から簡単に抜粋した、その“マイナスのきっかけ”をいくつか挙げてみます。
(数字は順位ではなくただ分別のためのものです)

いかがでしょうか。
こうした悩みや心配は働く人なら誰しもが抱えているものだと思います。
これらを総合して言うと、“会社への不満”ということができます。
転職理由の多くは、自分の仕事に対する積極的な情熱や想いが先行しているのでは"ない"のかもしれません。
また、そうした情熱や想いを汲んでくれないという現状が転職のきっかけにもなっているのかもしれません。
つい数時十年前までの日本は、終身雇用制度が当たり前で、働く側も一生その会社に勤めるのが当然という考え方が一般的でした。
なので、当時転職するきっかけがあるとするならば、先に述べたような「夢がある!」「どうしてもやりたい仕事がある!」という、ある意味で“プラスの理由”が多かったのではないかと思います。
少なくとも“会社への不満”で仕事を辞めるというのは、寡聞にしてあまり知りません。
マイナスの理由と書きましたが、こうした傾向が決して良いとか悪いとか言いたいのではありません。
客観的に見て変わってきている現状があるということです。
このように、今や転職のきっかけは人によってまったく異なる性質を持つようになりました。
では、変わっていった原因は何なのでしょうか。
次にきっかけが多様化した理由について考察していきたいと思います。

きっかけが“多様化”した理由

転職をしようと考える、または決断したきっかけが従来と比べて多様化し、変化しつつある理由の一つには、“日本という国自体が変わってきたこと”が言えるのかもしれません。
“前に倣え”の教育方針であった昭和後半ごろまでは、画一的な思想や価値観が日本全体を覆っていました。
誰もその現状に疑問を持たなかったために、多少会社に不満があってもそこで終身働くことは当然のことと考えていたのです。
しかし、時代の流れとともに、個性の尊重が重んじられるようになり、そこで教育を受けた子どもたちは多様性を認める価値観を、個人差はあれど、養ってきました。
こうした時代の傾向に沿って、転職活動を支援する会社や媒体が増えたことでより一層転職活動へのハードルが低くなっているのでしょう。
ですが、きっかけの多様化は、安易な転職を生んでいることも事実です。

きっかけ“だけ”で決断しない

転職のきっかけは多様化していますが、それは同時に、安易に辞めて違う会社で楽をする、という考え方も生んでしまっているようです。
ですが、それは全く間違いです。
基本的に転職で成功できるのは限られた人だけです。
転職に失敗しないその限られた人になる条件を3つ挙げておきます。

これら3つの条件を慎重かつ具体的に実現できれば、転職のきっかけがどういったものであれ、成功する確率は高くなるはずです。
“きっかけ”はあくまでも、“きっかけ”です。
自分の現状と将来を冷静に判断して情に流された転職は避けるようにするべきかもしれません。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP