タグ一覧

転職スカウトのメリット・デメリット

多くの転職サイトには、スカウト機能が実装されています。このスカウト機能を利用するのか、それとも自分で転職先を探したほうがいいのか、ここでは、それらのメリット・デメリットについてご説明いたします。

 

風通しのいい社風の企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

転職サイトのスカウト機能の実情

転職したいと思っているとき、多くの方は転職サイトを利用されるかと思います。
その転職サイトを利用すれば、様々な仕事を検索することが可能となります。

転職サイトの利用は確かに便利ですが、自分で仕事を探すのは時間的に厳しいとか、転職サイトに掲載されている求人情報だけではいまいちよく分からない、というようなこともあります。

そこでスカウト機能を利用して、企業からのスカウトを待つことも有効な方法です。
もしかしたら、いい企業から誘いをもらうことが出来て、魅力的な会社へ転職できることもあるでしょう。

スカウトを利用することで大企業から声がかかることもあるかもしれません。
なぜなら、企業がスカウト機能を利用する場合はそれなりのコストが発生しますが、大企業であるほど資金に余裕があるので、人材採用にかけられるコストも大きいからです。

中小企業との繋がりは持ちづらい

転職サイトを利用する場合、大企業が主体となってしまうのは仕方ないところもあります。
中小企業は人材採用におけるコストの都合上、スカウト機能を利用しづらく、また、大手の転職サイトは基本的な利用料金自体も割高になっているため、そもそも中小企業は大手転職サイトを利用すらしていない場合が多いです。

もし、自分がやりたい仕事が明確に決まっているのであれば、大企業だけでなく中小企業の採用情報も確認したいところですが、もし、大手転職サイトなどでスカウトされるのを待っているのであれば、本当に自分がやりたい仕事を提供している企業からスカウトが来るかどうかは微妙なところです。

また、もし初めから中小企業を狙っているのであれば、自分で探したほうが圧倒的に楽ですし、見つけられる範囲も広げることが出来ます。
意外と中小企業は、身近なところで求人を出していることが多いので、たとえば会社のホームページなどから直接応募するなどでもよろこんで受け入れてくれるでしょう。

スカウトされるのを待つのであれば

転職サイトに登録して、スカウトを待つのであれば、大きく2つの道があるのではないかと思います。
1つは、自分がやりたい仕事を明確にして、それ以外のスカウトは受け付けない方法、もう1つは、とにかくどんな仕事でも受け入れる方法です。

やりたい仕事が明確になっているのであれば、転職サイトのプロフィール欄に、その詳細をしっかりと登録しておけば、ある程度フィルターをかけることができるでしょう。
ただし、特に大企業などは、ある一定上の実績のあるひとであれば、本人のやりたい仕事に関係なくスカウトしてくる場合があるので、自分の興味のない企業からのスカウトを選定する作業も必要となるでしょう。

逆に、特にやりたい仕事が決まってないけど、とりあえず転職を考えている、というような方は、まずは転職サイトに登録して、どのような企業からスカウトが来るのかを知るというのもいい経験になるかと思います。

自分のいまのキャリアでは、どのような企業に転職できるのかなどを知ることができるので、今後、本格的に転職するような際の基準を計ることができるかと思います。

 

風通しのいい社風の企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP