タグ一覧

転職面接での大切な事とは

転職面接で大切なことは、履歴書と職務経歴書を正しく記載することと、面接で履歴書と職務経歴書の内容を「自分がやってきた」と「自分がやりたいこと」として話すことです。

 

自己成長できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

応募書類に書くべき事

転職採用試験に応募する際には、一般的に履歴書と職務経歴書を提出します。
基本的に履歴書は一枚、職務経歴書は2枚にまとめるべきです。
長い職務経歴書は採用担当者から敬遠されます。

履歴書と職務経歴書に書くべきことは、今回の募集業種、募集職種に関連することを書かなければなりません。
20代の転職は第二新卒や未経験者も採用されますが、30代以上の転職は即戦力を求められています。
今までの経歴が仕事の役に立つかを採用担当者は確認しています。
よって、履歴書と職務経歴書に募集業種、募集職種に関連することが書かれていなければ、面接には呼ばれません。

いくら立派な肩書きや資格があっても、その会社の戦力にならないと考えられれば、使い物になりません。
「何でウチに応募してきたのだろう?」と採用担当者は不審に考えます。
興味は持たれません。

転職面接で重視されること

新卒採用も転職採用も、就職面接において面接官が最も重視するのは応募者の「人柄」です。
採用担当者が採用を決定した基準の80%はその人の「人柄」と言われています。
応募者のスキルは履歴書と職務経歴書で判断できます。

面接は募集職種の能力をクリアしている人だけ呼ばれます。
面接官が面接で確認することは「人柄」です。
面接官はいっしょに働く人がどのような人か見たくて面接に呼びます。
話をしてみていっしょに働ける人か面接官は確認します。
転職面接では必ず勤務する部署の現場担当者が面接官として参加します。

この現場担当者との面接が転職面接では山場になります。
現場担当者に一緒に働きたいと思われれば、次の面接では現場担当者が味方になってくれて、自分をプッシュしてくれるケースもあります。
転職面接で、応募者が話さなければならない内容は、自己紹介と志望動機です。

自己紹介と志望動機の内容は、履歴書と職務経歴書に記載した内容と同じ内容を話さなければなりません。
ここで話が違うと履歴書と職務経歴書の内容は偽装していると思われます。
そして話の内容がわかりやすいかを確認されます。

次にあなたが今回の採用試験に応募した熱意を確認されます。
要は「やる気」です。
志望動機の話に説得力や熱がこもっていないと面接官は冷やかしだと思います。
話の整合性が合わないのは論外です。

自己紹介と志望動機で話すこと

自己紹介で話すことは「自分がやってきた」ことです。
志望動機で話すことは「自分がやりたいこと」です。

「自分は○○のことに興味があって今まで△△の仕事をやってきた。
その延長で□□のことに興味を持つようになった。
□□の仕事をやりたくなった。
しかし、今の仕事ではやりたい仕事ができない。
御社の仕事ならこのやりたいことが実現できる。
だから応募しました」。

このような流れになると話に説得力が湧きます。
そしてこの流れを無理やりに作ろうとすると不自然になります。
この流れを自然に作る方法は、自分史を作ることです。
「自分は小さい頃、このようなことに興味があった。
だからこの学校に入学した」小学校、中学校、高校、大学、部活、サークル、趣味の団体、会社と今までの歴史とその要因を紙に書き出します。

頭の中だけで考えてもまとまりません。
必ず紙に書き出しましょう。
幼少期から振り返った方が自然な流れになります。
この作業を行うと本当の転職理由が見えてきます。
そして、自分は転職をする必要があるのかを考えるきっかけにもなります。

もし、今の職場が嫌で転職をするのなら、もう一度転職活動を考え直した方が良いです。
応募先の面接官も今の職場が嫌で転職をする人は、理由としては採用しません。
採用しても職場が嫌になれば、転職されてしまうと思うからです。

 

自己成長できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP