タグ一覧

転職の時期を考えるタイミングとは

長い人生の中で転職は大きな転機となります。いつ転職するか、そのタイミングを図ることに悩むこともあるでしょう。円満退社で転職できることが一番だとは思いますが、人それぞれ理由があり、どのような転職がベストかもまた人それぞれでしょう。それでも転職の際に気をつけるべき基本的なことはいくつか存在しています。

 

自己成長できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

長い人生の中で転職はつきもの

長い人生の中で、サラリーマンとして働いている人は、社会人になってから、40年近くを会社で働くことになります。
人によっては、1つの会社に留まらず、新たな会社を目指して転職する人が少なくありません。

昔は就職してから、1つの会社で勤め上げることが美徳とされてきました。
しかし、今やそんな時代ではありません。
自分自身の成長や、もっとやりたい仕事を行うために新たな会社へ転職することは普通に行われています。
転職は人生の大きな転換期となりますが、それでも現在では社会人生活の中で平均2.5回程度は皆転職をしています。

転職の時期を考える

転職を考える際、いつ転職するかその時期で悩む方も多くいらっしゃるでしょう。
責任感の強い人であれば、周りの人々に迷惑をかけられないという思いがあるかもしれません。
そのように考えることは、決して間違いではありません。

しかし、あまりにも周りに気を使い過ぎると、転職できるタイミングを逃してしまうことさえあるのです。
自分の考え方、生き方が定まれば、希望する転職先を探すことは何ら問題ありません。
そこにはある意味、割り切りも必要です。

ただし、まったく現職の会社の都合を考慮しないのは、社会人として褒められる行動ではありません。
自分の意志を上司に伝え、適切な退職の時期を相談しましょう。
現在進めているプロジェクトなどがあれば、それを誰にどう引き継ぐのか、取引先へはどのようなコミュニケーションをとるのか等、退職前に行わなければならないことを事前にリストアップし、それらを滞りなく済ませられる期間を考慮して退職時期を決めましょう。

上司に誠意を持って相談し、それでも納得してもらえない場合は、その上司との長期的な人間関係と、自分の将来設計を天秤にかけて考えてみるといいかもしれません。
また、その上司が真剣に自分のことを考えて転職を引き止めているのであれば、それは自分では気づけていない転職のメリット・デメリットがそのには見えているのかもしれません。
その場合は、もう一度よくその上司と相談することをお勧めします。

転職する理由も明確しよう

会社を変わることは、とても勇気のいることです。
昔は転職をすることは、どちらかというとマイナスのイメージがつきまとっていました。
しかし、最近ではそのような発想はあまりありません。
若い人でもある程度の経験やノウハウを蓄積できたら、新たなステージでキャリアアップを目指したいという積極的な姿勢を感じさせる人が少なくありません。

欧米でエグゼクティブな職位に就いている人の多くは、転職することでキャリアアップを果たしている人たちです。
日本も段々とそうなっているのかもしれません。
ここで大事なことは、何故、転職をするのかという理由です。

自分の成長や、自分がやりたい仕事を行うためであれば、きっとその理由は明確であるはずなので、あまり問題はありません。
もし、いまの会社の環境、待遇、人間関係が嫌で転職を考えるのであれば、給料アップやキャリアアップなどはあまり考えない方がいいかもしれません。

なぜなら、ネガティブな理由での転職は、どんなにその場を取り繕ったとしても面接時に見破られる可能性が高いからです。
ただし、理由はネガティブでも、その転職をきっかけとして大きく成長できることも多くあります。
現職で辛いことがあり、それを克服しようとしてもできなかった場合は、転職することで一度環境を変えてリフレッシュすることも一つの方法でしょう。

転職の時期は今かもしれない

この数年、企業の業績悪化により、早期退職を募る会社も増えてきました。
この制度に乗って、割増的な退職金をもらい転職する中高年のサラリーマンも増えています。

しかし、このような転職は必ずしも自分のキャリアアップを目指すことにならないでしょう。
どちらかと言えば、消極的な転職かもしれません。
仕事を変わる。
会社を変わる。
これは確かに人生の中で、大きな転機となるはずです。
だからこそ、ボジティブな姿勢で転職するのであれば、そのタイミングを逸してはならないのです。

もし、今の仕事をやっている中で、次にこんなことをしたいという考え方がよぎった時には、真剣に新しい世界を考えてみる価値は大いにありそうです。
思い切って、次なるステージにチャレンジしてみて下さい。

 

自己成長できる企業の転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP