タグ一覧

転職の時期を考えるタイミングとは

長い人生の中で転職はつきもの

長い人生の中で、サラリーマンとして働いている人は、社会人になってから、40年近くを会社とともに歩んで行くことになります。
人によっては、1つの会社に留まらず、新たな舞台を目指して転職する人が少なくありません。
昔は就職してから、1つの会社で勤め上げることが、美徳とされてきました。
しかし、今やそんな時代ではなくなっているのかもしれません。
30〜40代の中堅の社員の中には、新しい世界に希望を膨らませて、次なる仕事を進めるために会社を変わることがあるのです。
それは、自分の夢を実現させるためてもありますし、今の会社では、中々、飛び出せない環境が故に、自由に羽ばたける舞台を探しているのでしょう。
自己実現のために、転職を現実のものとするのです。

転職の時期を考える

会社を変わる時に、一番悩むことは、何時に転職するか、時期を見計ることです。
責任感の強い人であれば、突然の退職、そして再就職。
ということで、周りの人々に迷惑をかけられないという思いがあるかもしれません。
そのように考えることは、決して間違いではありません。
しかし、あまりにも周りに気を使い過ぎると、転職できるタイミングを逃してしまうことさえあるのです。
自分の考え方、生き方が定まれば、希望する転職先を探すことは、何ら問題ないと思うのです。
そこにはある意味、割り切りも必要でしょう。
しかし、思い切って決断すること..も必要ではないでしょうか。

転職する理由も明確しよう

会社を変わることは、とても勇気のいることでもあります。
昔は転職をすることは、どちらかというとマイナスのイメージがつきまとっていました。
何らかの事情で、会社に居られなくなり、仕方なく会社を変わらざるをえないと言うことがありました。
しかし、最近では、そのような発想ははあまりないのではないかと思われます。
若い人でもある程度の経験やノウハウを蓄積量てきたら、新たなステージでキャリアアップを目指し隊と言う積極的な姿勢を感じさせる人が少なくありません。
30〜40代の人が転職していくことも、そのような思いを強くしている人達が、次の舞台に進んでいるのです。
欧米では、転職し、キャリアというよりを果たしている人こそ、エグゼクティブな評価を得ているくらいですから、日本も段々とそうなっているのかもしれません。
ここでわ大事なことは、何故、転職をするのかという同義付けです。
今の会社で学んできた経験やノウハウ、あるいは人脈を活かすことができるかもしれませんし、経験したことを自分の力として、他の会社、業界で活かすことで、自己実現を果たすと同時に社会に貢献できるということができるのであれば、何時でも転職の時期を決めることが出来るだと思うのです。
これがリ理想的な転職の時期と言えるのでしょう。

仕事を変わるべき時期は、今かもしれません。

この数年、企業の業績が悪化して、早期退職を募る所が増えてきました。
この制度に乗って、割増的な退職金をもらい転職する中高年のサラリーマンも増えています。
しかし、このような転職は必ずしも自分のキャリアアップを目指すことにならないでしょう。
どちらかと言えば、消極的な転職かもしれません。
仕事を変わる。
会社を変わる。
これは確かに人生の中で、大きな転機となるはずです。
だからこそ、ボジティブな姿勢で転職するのであれば、そのタイミングを逸してはならないのです。
もし、今の仕事をやっている中で、次にこんなことをしたいという考え方よぎった時に、真剣に新しい世界を考えてみる価値は大いにありそうです。
思い切って、次なるステージにチャレンジしてみて下さい。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP