タグ一覧

中小企業への転職のメリットと気を付けることとは?

中小企業への転職

大企業から、中小企業に転職をするという方も珍しくありません。
いまの時代では、さまざまな働き方を選ぶ方も多く、中小企業でやりたい仕事をしてみたい、と言う方も多いのです。
しかし、中小企業に転職をする場合、大企業とは全く職場の雰囲気なども異なることが多いのです。
大企業では任されることがなかった仕事を任せてもらうことができるということ、またアットホームな雰囲気などは中小企業のメリットであり、また、社長との距離も近く、仕事などに対してのことや、会社への意見など、自分の意見が通りやすいというメリットもあります。
そこで、中小企業への転職のメリットや、気を付けたいことについてご紹介したいと思います。

中小企業への転職のメリット

中小企業への転職のメリットですが、まずは中小企業での場合、大企業とは全く異なります。
大企業においては、一人一人の仕事の区分と言うものが明確に決められており、たとえば、営業なら営業の仕事だけをこなすということがほとんどです。
また、大企業の場合は、それぞれの役割分担が決められており、社長との距離も遠いので、その枠組みで働くということがほとんどです。
実力があれば、もちろんキャリアアップの可能性もありますが、人数が多い分、決められた仕事をこなすということがほとんどです。
社長に会う機会もほとんどありませんし、本社でない限り、顔を合わせたことのない社員の方も多いというのも日常茶飯事です。
しかし、中小企業の場合は全く異なります。
まず中小企業の場合、大企業とは違い、一人がいくつもの仕事をこなすことが多くなります。
たとえば、営業社員が営業事務の仕事も同時にこなしたり、また、総合職の場合には、さらにはいくつもの作業を同時にこなすことを要求されたりします。
中小企業では、人数が少ない分、一人が行う仕事量が多く、そのため多くのスキルが身に付きやすい、といえるでしょう。
もしも、自分が大きく成長したいというのであれば、中小企業がおすすめです。
また、中小企業の場合、社長との距離も近く、風通しが良いことも多いです。
会社内の人数が少ないということもあり、アットホームな会社も多いです。
家庭的な雰囲気の企業もありますので、自分がこの会社の一員だということを常に実感することができるでしょう。
このため、社内においても、実績があればあるほど、自分の意見を通しやすくなったり、意見を述べることがたやすかったりします。
このため、中小企業においては、よりいっそう、自分が会社を支えているんだ、という実感を持ちやすいのです。

中小企業への転職で気を付けること

しかし、中小企業への転職においては、大企業での雰囲気と同じようなものと考えていると、ギャップを感じてしまうこともあり得ます。
中小企業では、企業にもよりますが、人数の少ない企業の場合には、一人の仕事量が多くなりますので、自分が与えられた仕事だけをこなしてきた人にとっては戸惑うこともあります。
また、多くの場合は経験者を求める企業も多く、自分にスキルがないと、厳しい側面もあります。
また、大企業とは違い、各種福利厚生なども整っていなかったり、労働環境も悪いケースもあります。
これは、企業によっても異なりますので、一概には言えませんが、そういった会社もありますので、気を付けるようにしましょう。
大企業から中小企業へ転職する際には、これらのことを頭に入れておきましょう。
しかし、中小企業にも、良い面はたくさんあります。
たくさんのスキルを身に着けることもできますし、また自分が会社を良い方向へ導いていくということも可能です。
チャレンジ精神が旺盛な方は、まずは中小企業で経験を積んでみても良いかもしれません。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP