タグ一覧

介護サービスの先頭に立つサービス提供責任者の仕事内容と必要なスキル

介護サービスをまとめる役割を持つ

サービス提供責任者は、介護現場でサービスの責任を負うことになり、非常に高い地位にいると考えてください。
介護サービスは、1人で行っているわけではなく、グループによって行動することが多いです。
そのグループが複数あり、対応している人が異なっているのですが、そのサービスをまとめ、利用者との間に立って話し合いをするなど、サービスの責任を持つ人になります。
このサービス提供責任者は、立派な職業となっており、介護現場では必要とされている人材です。
介護サービスは、そもそも多くの人が仕事をしており、中には不慣れな人もたくさんいます。
そうした人が、介護の利用者に対して誤ったことを行ったり、何をすればいいのかわからないなどの問題で、スムーズにサービスが受けられないこともあります。
サービス提供責任者は、事前にヘルパーに対して指示を与えること、コミュニケーションを取るようにして、利用者との間に不快な思いをさせないようにすることを前提として、色々な役割を持ちます。
サービスを利用している家族側に対しても、様々な話し合いをすることになり、介護の苦労などを聞き、ケアをしてあげることも大事な仕事です。
サービスを提供している側として、家族の方にも安心して生活してもらえるように、そしてアドバイスを送ることによって、より介護を楽にできることがあれば、それはいいことです。
色々なサービスの中には、家族に対するケアも含まれているのです。
基本的に、介護サービスを提供している会社は、ヘルパーが40人くらいに対して、1人のサービス提供責任者を設けるという決まりがあります。
介護サービスを提供しているところは、この決まりをしっかり守って、必ず1人以上のサービス提供責任者を選出しなければなりません。
当然経験が必要となっており、未経験の人が選ばれることはありません。
また、ある程度の経験を持っていたとしても、会社側の状況によっては指名されないこともあります。

選出には経験と資格が必要

このサービス提供責任者に選ばれるには、介護福祉士の資格を持っていることが条件となります。
多くの人は、この資格を持っていて、しかも介護現場である程度の経験を積んでいることになり、経験不足が露呈している場合も、選ばれることはありません。
ある程度の経験は必須となっており、資格内容によっては、経験が絶対に必要な場合もあります。
ある程度サービスを熟知していないと、そもそも介護の現場で責任者は難しいものです。
一応、ホームヘルパーの1級を取得している人、介護職員基礎研修を受けている人も認められますが、この場合はかなり前に研修が終了している場合にのみ、サービス提供責任者になってもいいことになります。
最近受けている方は、除外されていることが多いので、ここ最近この資格を持っている人については、サービスの責任者にはなれないと思ってください。
介護職員初任者研修、またはホームヘルパー2級を持っている人は、当然研修が終了していることも条件になりますが、最低でも3年以上の経験を積まなければなりません。
実績として、3年くらいやっていれば、大体のサービスはわかるだろうと判断されており、サービス提供責任者にしてもいいことになります。
ただ、現代の責任者は、非常に厳しい立場に置かれることもありますので、やはり介護福祉士を持っている人を優先して、その中から経験を持っている人が選ばれます。
責任者になった以上、ヘルパーに対する指導なども行わなければならず、介護の現場という部分で見る目が変わってきます。
それくらい立場としては高いものになりますし、ミスは許されることがない仕事となります。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP