タグ一覧

生活相談員は生活に困難な人を助ける

介護施設などの利用を助けてくれる役割

介護の現場では、様々な手続きをしなければ、サービスを利用することができなくなっています。
そのサービスを利用しやすくするためには、専用の人に相談をすることになり、手続きを進められる人に渡さなければなりません。
生活相談員というのは、そうした窓口の代わりになる人のことを指し、介護を利用したいと思っている場合は、そうした考えを持っていることを伝えるようにしている人に、話を聞いてアドバイスをするなどの仕事があります。
介護を受けたいと思っている人は、介護施設の利用も当然考えていることになりますので、施設に入るために手続きをしなければなりません。
その手続きをするため、施設側と協議をしたいものの、色々とわからないことがあり、そろえる資料などもよくわからず、苦労する人が多いのです。
生活相談員は、そうした受け入れに必要なことをすべて行ってくれるもので、相談をしてくれることはもちろん、契約に必要なもののアドバイス、手続きを行ってくれます。
もちろん、対応している介護施設に対しても、関係機関との協議を行ってくれます。
現代の介護というのは、施設が空いている場合もあれば、空きがないので待たなければならないなど、結構大変な部分もあります。
そうした状況をチェックして、希望している人に伝えることが、生活相談員には必要とされていることです。
この話をしっかりやらないことには、相談を受けている人が契約できず、相談をしている人のミスによって、いいところに入れないこともあるのです。
生活相談員は、全ての契約が完了するまでは、その人の立場に立ちつつ、公平に進めていかなければなりません。
契約がしっかりと可能になり、様々なことを受けられるようになれば、介護を受けたい人が助けになってくれて、これからの生活にも安心感を持つことができます。
契約などの困っている部分は、生活相談員が補助してあげなければなりません。

資格を持っていなければできない仕事

生活相談員という資格は用意されていないため、別の資格を持っていなければなりません。
都道府県によって、必要な資格が変わってくることもあるので、その資格をチェックして、取らなければ仕事はできません。
この仕事をしてみたいと思っている人は、多くの方が社会福祉士の資格を持っており、この資格さえ持っていれば、ほぼ間違いなく仕事をすることができます。
精神保健福祉士の資格を持っている場合でも、生活相談員の仕事は可能です。
条件付きというケースでは、介護福祉士や介護支援専門員などの資格があります。
ただ、年数をある程度経験していなければならないこと、支援専門員の場合は、ケアマネジャーの経験がなければならないので、条件付きとはいえ結構難しいところがあります。
生活相談員は、本当にいい資格を持っている人以外は、仕事ができないように制限されているものです。
逆に言えば、この資格を持っている方は重宝されており、多くの介護施設で仕事をすることが可能となります。
生活相談員として、幅広くサービスの普及を行ってもらい、希望している人の意見を聞きつつ、働いている職場のサービスを利用してもらえるようにします。
生活相談員の人については、営業のようなサービスも一緒にやらなければならないケースがあり、ただ契約をもらいに行くだけではなく、宣伝をしていることもあります。
非常に重要な資格を持っていなければ、生活相談員というのはできない仕事となっています。
しかし、それに見合ったような立場で仕事ができることと、多くの介護現場で必要とされている人であり、望んでいる施設も多くあります。
何よりも、希望する人に明確な相談と、契約までの手伝いをしてくれるところが助かっているのです。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP