タグ一覧

転職は会社の裏切り行為ではなく自分の成功のため

裏切りという感じではない

転職をすることは、会社を離れることになるのですが、これは雇ってもらった会社に対して、裏切り行為をすることだと言われます。
昔からそうした傾向があることは知られており、そのように考えている方も年配には多いとされていますが、実際にはそのようなことはありません。
裏切っているような感じはあるものの、不満があるからこそ退社することを決定して、新しい道を検討していくことになりますから、裏切っているという実感は無いと思ってください。
転職することは、むしろ自分が成功するために必要なことであり、裏切り行為には該当しません。
自分の幸せ、その後の成功のために必要なことをやっているのですから、会社側に恨みをもたれるようなことをしているわけではありません。
勝手に裏切られたように思われているのは事実ですが、裏切りをしていることで、会社に大きな損失を与えているとか、明らかにイメージダウンになっているとか、そのようなことはないのです。
自分で決定したことが、最終的に会社に対してそのように思われてしまうのは仕方ないことですが、裏切りの気持ちを持って行っているわけではありませんから、気にしないようにしてください。
何を言われても、自分のためになることと判断して、会社のことについては特に考えないようにしておくことが大事になります。
後ろめたい気持ちは全て捨てるようにして、転職活動を成功させるために、自分の成功を得る行動を行ってください。

これからの成功を実現するために

面接では、会社へ裏切りの行為である転職について、どう思いますかという内容の質問が出ることもあります。
ニュアンスは違うかもしれませんが、転職をすることは、前の会社に失礼に当たることと考えられているので、それについてどう思っているか聞かれることもあります。
このような質問が出ているときは、自分は失礼だと思っている部分もありますが、成功するためには会社を移ったほうがいいと考ていると伝えればいいのです。
前の会社に対して、未練が無いことを面接で伝えておかないと、採用されないことも結構あります。
未練が残っていることは、まだ仕事をするかどうかをためらっているので、面接の内容がいいと思っても、まだ気持ちとしていいとは感じられないと思われてしまいます。
それを避けるためには、とにかく未練を断ち切り、例え裏切り行為のように思われていたとしても、自分の成功のために転職は大事なこととはっきり伝えてください。
これを伝えておくことは、覚悟を持って面接をしていることを示すことが出来ます。

採用が決まっても詫びることはせず

転職先が決まった場合、会社に退社することを伝えることになります。
退社する際には、詫びを入れることも大事だとされていますが、裏切り行為によって転職しているわけではないので、裏切っていることについて詫びてはいけません。
むしろ、お世話になったことをしっかり話して、感謝の気持ちを伝えて穏便に退社できるようにしてください。
裏切り行為のように思われている場合でも、何年も勤めている会社で仕事をしているのですから、基礎を作ってくれたことに対する感謝を忘れてはいけません。
その部分については、しっかり感謝を伝えるようにして、いい関係で辞めたほうがいいのです。
昔から、転職は裏切り行為に該当することであり、会社に対する背信行為とも言われることがあります。
ただ、そうした気持ちを持っていると、転職に支障をきたすことは事実です。
本当に成功するためには、転職は裏切り行為ではないことをしっかり考えていくことと、会社との穏便な関係を何とかして持たせるためにも、退社することになったらしっかり感謝の挨拶くらいはしておくことです。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP