タグ一覧

転職の現実を知ることで転職後のトラブルを防ぐことができる

20代でも30代でもそれ以上の年代の方でも、転職するときに気をつけなければならないことのひとつは「自分の身の丈を知る」です。身の丈とは、自分の仕事のスキルや経験などの実力と、世の中のトレンドを照らし合わせて初めて見えるものです。

 

未経験OKの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

自分の実力を知るということ

仕事で自分の実力を測る物差しは様々なところに存在しています。
役職や資格などの目に見えるものは実力値として分かりやすいものですが、目に見えない実力も数多く存在しています。
目に見えない部分でも自分で自分を評価できるようになると、転職先を探す時や転職時の面接などでも役に立ちます。
また、採用時の自己評価と実際の人物との間にギャップがないことで、転職後の職場の人を落胆させてしまうこともなくなるでしょう。

企業にとっての人材採用の課題の一つにミスマッチというものがあります。
人材採用する企業は、少なからずコストをかけて人を採用しているので、期待に沿った人材を採用できないということは、企業にとっては大きな損失となるのです。
そのような落胆感は、場合には採用された人に向けられることもあり、そうなってしまうと採用された人は非常に働きにくい空気感の中で働かなければいけません。

このような状況は誰の得にもならず、企業としても、そして採用される側の人にとっても極力避けたいものです。
そうならないためにも、自分の身の丈を知ることは重要なのです。

自分の実力を知るには

先述したような役職や資格などは実力として明確なので、この点は履歴書などでもしっかりアピールしましょう。
企業にとってもどのようなスキルを持った人なのかがはっきりと分かります。

それでは目に見えない部分の実力はどのように見つければいいのでしょうか。
ひとつの方法として、強みと弱みを明確にすることが分かりやすいでしょう。
内面的な部分での自分の特性などを書き出していきましょう。

自分が思う強みと弱みを明確にできたら、信頼できる家族や友人にも自分の強みと弱みを尋ねてみましょう。
このとき、その人には自分で考えた強みと弱みは伝えずに、その人が思うままを答えてもらうようにします。
また、自分の弱みについて遠慮せずに伝えてもらえる間柄の人を選ぶことも重要です。
大抵の人は(ときには家族であっても)遠慮して本質的な弱みを伝えてくれないことがあります。
お願いする際に、「これは自分にとって非常に重要なことだから遠慮なく自分の弱みを伝えて欲しい」ということを伝えましょう。

他人から、自分の強みと弱みを得ることができたら、自分が考えた強みと弱みと見比べてみましょう。
きっとそこにはギャップがあるはずです。
そのギャップこそ、先述した転職先の職場の人が感じる可能性のあるギャップなのです。
自分はこういう人間だと自分で思っているものと、他人が見ている自分には少なからずギャップが存在しており、そのギャップを埋めることが、転職の現実を知るひとつの方法です。

他人が思っている自分の姿こそ自分の本当の姿なのであれば、教えてもらった強みをしっかりアピールポイントにし、そして弱みを自分の課題として改善に取り掛かるべきなのです。
また、弱みを弱みとして認識できていれば、採用面接のときなどにも「自分にはこういう弱みがありますが、このように改善する努力をしています」と伝えることができます。

目指す職業のトレンドを知る

ここでは内面的な強み・弱みについては触れず、純粋な仕事のスキルや経験だけに絞ってお伝えさせていただきますが、仕事にもトレンドは存在しており、自分のスキルや経験がいまの世の中に必要とされているかどうかを知ることは重要なポイントです。

たとえば、Webデザイナーという職業は、いまは無料のホームページ制作サービスが多数存在しており、ただWebサイトを制作できるというだけではあまり重宝されなくなってきました。
最近ではUI・UXやSEOなどの知識も必要となってきているため、ただコーディングができるというだけのスキルでは、それなりの給料でしか仕事がないのが現実です。
Webデザイナーという職業に求められるスキルが時代とともに変化してきているのです。

営業のような商品を顧客に販売する職業なら変化はないのではないかと考えられるかたもいるかもしれませんが、営業の仕事でも以前は必要のなかった「ITリテラシーの高さ」が求められることもあります。

このように、どのような職業でも流行り廃りや、時間とともに求められるスキルが向上するなどの変化が起こっています。
特にいまは技術革新のスピードが早く、そのための情報収集やトレンドに合ったスキルアップは必須要項になっていると言っても過言ではないでしょう。

もしいますでに自分が目指している職業があるのであれば、その職業を転職サイトなどでよく確認し、その求人件数や給料の増減などの情報を確認するようにしましょう。
また、求められるスキルについても変化がないか確認することも重要です。
その業界の情報を発信しているWebサイトや書籍を読むことでも、その職業のトレンドを知ることができます。

このように、自分の実力と世の中のトレンドをよく知ることで、自分にとっての転職の現実をよく知ることができるのです。

 

未経験OKの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP