タグ一覧

部下への仕事の教え方を山本 五十六に学ぶ

「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。

大日本帝国海軍軍人で、太平洋戦争開戦時の連合艦隊司令長官、山本 五十六の名言です。
「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。
」 これは、人を育てる上で大事なエッセンスが詰まった言葉です。
指導者はまず部下の前でやってみせる。
部下にしたことを説明する。
部下にやらせてみせる。
やらせてみたら、それを褒めてあげる。
そのようにしないと、部下は自ら行動するようにはならない。
このようなことを説いています。
人は感情的な生き物です。
価値観の違う人間が集まったときに効果的な指導方法は、やらせてみて、褒めてあげて、認めてあげることだということです。
最近の新人は「ゆとり世代」と言われています。
上から目線の指導は受入れられません。
昔ながらの指導では、ふてくされて嫌われるか、会社を辞めてしまうでしょう。
しかしながら、何十年も前に山本 五十六は部下への教育について、このように説いており、その考えはいつの時代にも指導者や経営者の格言として知られるようになりました。
ちなみに「やってみせ・・・」は、上杉鷹山の「してみせて 言って聞かせて させてみる」の影響を受けているとも言われています。
「褒めると調子に乗るから」と言って、部下を褒めない指導者がいますが、それは大間違いです。
このような指導者は叱るのも上手くありません。
叱ること=怒ることと思っています。
部下に対して怒る必要はないのです。
褒めるべきところは褒め、叱るときは叱る。
叱るといのは感情的になることではなく、悪い点を指摘することです。
部下の人格否定をしてはいけません。
褒めることと叱ることをきっちり使い分けることができれば、部下は指導者を認めるようになります。

「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず」

「やってみせ・・・」は山本 五十六の名言として非常に有名ですが、実はこの言葉には続きがあります。
「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず」 指導者と部下は話合いの場を持つようにする。
指導者は部下の言葉に耳を傾ける。
承認出来ると思えば承認する。
承認できないと思えば、どのように考え、行動すればよいのか説明する。
承認出来たら、一人で任せてやらせる。
このようなステップを踏まないと人を育てることはできない。
このようなことを説いています。
部下との話し合いが下手な上司がいます。
一方的に説明するだけで相手が理解できているかを確認していません。
もちろん、承認する気もないので、部下一人に任せることもしません。
自分で何でもやってしまう上司にありがちです。
しかし、このような考え方では部下を育てることはできません。
組織の成長を見込むこともできません。

「やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず」

先程の「「話し合い・・・」には、最後の続きの言葉があります。
「やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず」 指導者は部下の行動には敬意を払い、感謝の気持ちで見守る。
部下の行動は信頼し、それを指導者は態度で表わす。
そのようにしないと人が成長することはない。
このようなことを説いています。
部下に対して敬意を払わない指導者は多くいます。
特に大きな組織になればなるほど、偉そうな指導者=上司ばかりです。
仕事とは言え、人と人とのつながりは感謝と信頼です。
自分の行動が人のためであり、その行動を認めてくれる人に部下はついていきます。
仕事はやらなければならないことではなく、やるべきことだと部下が自覚したときに、指導者は部下の育成に成功したと言えます。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP