タグ一覧

仕事が向いてないと思ったら考えること

まだ仕事に慣れていないだけでは

仕事が向いてないと思っている場合、まずはこの会社に入って何年くらい経過しているのかをチェックしてください。
実際に希望して、志望動機などを考えて入社したのですから、なるべくなら仕事を変えないようにして、ここで仕事を継続しておきたいところです。
明らかに向いてないと思っている場合でも、まずは何年仕事をしたのかを考えて、それが短いか長いかを判断することになります。
短期間で向いてないと思っても、仕事に慣れていないだけで、もう少し頑張れば仕事が続けられることもあります。
1年くらいで、この仕事は向いてないと思ってしまう人も出ていますが、これは決していいことではありません。
基本的には、3年くらいやってみて、それでも合わないなら退職を決断しても構いません。
たった1年とか、それ未満の期間だけで、向いてないと思ってしまうのは、経験不足が原因となっています。
我慢も足りていない部分もありますから、少しでも仕事を継続したいなら、もう少し我慢してやってみることです。
慣れていくうちに、もしかしたらいいことが生まれるかもしれませんし、仕事をやっていくことの自信が生まれるかもしれません。
向いてないと思っても、実際には仕事をしてみて、長い経験を積んでいくことによって、向いていることだったかもしれないのです。
途中で諦めてしまうことは、そのチャンスがなくなり、また向いてない仕事をすることもあります。

他にやりたいことがあるのか

仕事が向いていないと思っても、他にやりたいことがあるのかどうかで、判断する材料は大幅に変わってくることになります。
やりたいことが見つかって、この仕事に変えたいと思っているなら、退職して挑戦することもいいことです。
ただ、向いてないと思っているけど、やりたいことが見つからないなら、ちょっと待ってください。
そのまま辞めてしまっても、仕事を見つけることが出来なくなって、失敗する可能性があります。
本当に必要なことは、やりたいことを見つけて、その仕事について調べてから、本当に退職してもいいのか考えていくことです。
向いてない仕事だったとしても、他にやりたいことを見つけることが出来ないままだと、仕事をすることがかなり難しいです。
次に選ぶ仕事も、何となく選んだことによって、向いてないと感じてしまうと、それは意味の無い話です。
本当にやりたいことを見つけて、その中で自分が続けられそうなことであれば、仕事を変えてみることを検討してもいいです。

私生活を変えて向いているように持っていく

やりたいことも見つからず、仕事をしている期間もそこまで長くないなら、向いてないと思っても仕事を継続していくことになります。
すぐに辞めてしまうのは、次の仕事にも影響が出てしまうので、あまりいいことではないのです。
なるべく仕事をしっかりやりたいなら、私生活の何かを変えることによって、仕事のストレスを減らしていくことも大切になってきます。
ストレスを軽減していくことが出来れば、仕事への取り組みが変わってくることになり、向いてないと思っていたけどしっかり仕事が出来ているかもしれません。
私生活の状況を変えることができれば、それなりにメリットも生まれてくることになりますので、まずは生活リズムを変えたり、何かストレスを解消できる方法を探して、その取り組みを実践してください。
次の仕事にも大きな影響を及ぼす可能性があることから、あまり仕事を頻繁に変えることはできません。
向いてないと思っていても、何とかして変えていく力が大事になっており、結果が本当に見えてくるまでは、その仕事を一生懸命頑張っていくことです。
その上で本当に駄目なら、変えていく方法も考えることになります。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP