タグ一覧

仕事が向いてないと思ったら考えること

仕事が向いてないと思っている場合、まずはこの会社に入って何年くらい経過しているのかを振り返ってみてください。まだ入社後間もない方などは特に、実際にその会社を希望し、志望動機などを考えて入社したのですから、なるべくなら仕事を変えずに仕事を継続しておきたいところです。

 

未経験OKの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

まだ仕事に慣れていないだけでは

明らかにいまの仕事が自分に向いてないと思っている場合でも、特に社会人経験が少ない人は、まずは最低1年くらいはその職場での仕事を継続してみましょう。
短期間の仕事経験で、その仕事が自分に向いてないと感じても、ただ仕事に慣れていないだけかもしれません。

「社会人経験が少ない人は最低1年はいまの仕事を続けたほうがいい」と述べたのには理由があります。
それは、そのような人は特定の仕事が向いていないのではなく、あらゆる仕事を甘く考えている可能性があるからです。

あらゆる仕事を甘く考えている人は、どのような仕事に就いたとしても何らかの理由をつけて辞めてしまいます。
どんなに自分が憧れていた会社に就職できたとしても、その会社にもやりたくないけどやらなくてはいけない仕事は多数存在しています。
そのようなやりたくない仕事を目の当たりにし、これは自分が憧れていた世界の仕事ではない、と思ってしまうと、その先はずっと気持ち的に後ろ向きなまま仕事をしなければなりません。

また、そのような状況で転職したとしても、転職先の職場でもやりたくない仕事が発生し、また自分にこの仕事は向いていないといって辞めてしまうでしょう。

このような負のスパイラルに陥ってしまう前に、本当にいまの仕事が自分に向いていないのか、それとも仕事そのものを甘く見ているのかを見極めなければなりません。
その判断の基準となるのが、最低1年は何があっても仕事を辞めないことなのです(もちろん心身ともに健康を保てていることが条件です)。

本当にいまの仕事が向いてないと思ったら

仮に1年以上同じ職場で仕事を続けていて、それでも自分にいまの仕事は向いていないと感じているなら、それは転職したほうがいいでしょう。
その場合、必ずいまの仕事の何が自分に向いていないと感じているのかをしっかり見極めてください。
仕事が向いていないと感じる理由は様々あるかと思いますが、代表的な例を挙げてみたいと思います。

これらの理由が思い当たる方は、下記の点について考えてみてください。

自分が思っているような仕事ではなかった

では、どのような仕事なら自分に適しているのでしょうか。
それを自分が納得いくまで考え、そのような仕事を探しましょう。

社風や社長・上司・同僚と自分は合わない

ではどのような社風や社長・上司・同僚なら自分と合うのでしょうか。
転職時の面接などである程度は見極められるかもしれません。
どうすれば転職前にそれらのことを見極められるでしょうか。

正当に評価されていない

自分を正当に評価する基準とはどのようなものでしょうか。
自分のスキルや経験は、いまの世の中にどのくらい求められているものなのでしょうか。
その正当な報酬や対価はどのくらいのものでしょうか。

自分が本当にやりたい仕事とは何なのかを自分自身としっかり向き合い、納得のいく答えを見つけ、そのやりたい仕事ができる会社をみつけましょう(起業やフリーランスもひとつの選択肢となるでしょう)。
いますぐにでもその職に就けるスキルや経験があるのであれば、さっそくその会社などに応募してみましょう。
その際、極力妥協しないことです。
どこかで妥協してしまうと、それが自分自身に言い訳を与える隙となってしまいます。

もしスキルや経験が足りていないのであれば、それらを身につけるためにいますぐにでも動き出しましょう。
目指すべき目標があれば、それだけで充実したワークライフをおくれることでしょう。

仕事の向き不向きを確認する方法については、こちらの記事もご参考ください。

仕事の向き不向きを確認する方法とは

転職後自分の気持を確認する

もしも、やりたいと思える仕事に転職できたら、その後定期的に自分の気持を自分で確認するようにしましょう。
そこで前職とは別の向いてないと思えるポイントが出てきたとしたら、それは自分のやりたい仕事がブラッシュアップされたのだから、再度上述した手順で自分がやりたいと思える仕事を見つけていきましょう。

ここで一番重要なことは、前職と同じ理由でいまの仕事は自分に向いていないと感じている場合です。
この場合、その思い当たる理由は実は自分の課題や弱みかもしれないということです。

自分が思っているような仕事ではなかった

どのような仕事でも厳しいことはたくさんあります。
華やかに見える業界の仕事にも下積みのような時期が必要なことは多くあります。
自分がやりたいことだけやれる仕事というのは、世の中のどこにも存在しないかもしれません。

本当にやりたい仕事をやるためには、下積み的な仕事を必ず通過しなければいけないような職業も多数存在しています。

自分が本当にやりたい仕事に就けるようになるまでに、どのような道のりが待っているのかを確認することも必要でしょう。

社風や社長・上司・同僚と自分は合わない

仮に「社会貢献をしたい」と思いNPO法人で働きはじめたとしても、NPOも経営のためにはお金を必要としており、ただ世の中の人のためだけに動いているだけでは会社が倒産してしまうかもしれません。
世の中の人のためになり、かつ自分たちの生活も潤うような仕組みを考えなければならないのです。
そのために寄付や会費を募ったり、借り入れなども必要な場合があり、そのような社会貢献とは直接関係のないような仕事もしなければいけないかもしれません。

会社での人間関係が辛くて辞めた人が、次の会社でも同様に人間関係で苦しむということはよくある話です。
それは、会社の問題でしょうか。
それともその人自身の問題でしょうか。

人間関係による悩みは非常にデリケートな問題です。
こちらの記事も参考にされながら、どうすれば人間関係による悩みを軽減できるかじっくり考えていきましょう。

人間関係による転職が多い人へ

正当に評価されていない

自分は他人にどう見られているでしょうか。
それは他人にしかわかりません。
他人の評価が間違っているというのは、ある意味傲慢ともいえる考え方かもしれません。
もちろん、自分が挙げた成果をアピールすることは必要ですが、その仕事は他人(上司や会社)が求めているものなのでしょうか。
自分は上司や会社のためと思って行った仕事でも、上司や会社はそれを必要としていないかもしれません。

正当に評価されていないと感じている人の中には、自分よがりな仕事をしている人も少なからず存在しています。
まずは自分が自分に下している評価と、他人が自分に下した評価にギャップがあるなら、「なぜそのようなギャップが発生しているのか」の理由を見極めてみましょう。

周囲に高い評価を得ている人がいるのであれば、その人と自分とでは何が違うのかを考えてみましょう。
表面的な実績に差がないのであれば、もっと目に見えない部分で評価されているのかもしれません。
チームワーク、リーダーシップ、ホスピタリティなど、目に見えない部分での評価基準を設けている会社も多く存在しています。

まとめ

仕事が向いていないと感じる時、そこには「やりたいと思ってはじめた仕事だけど、実際にはじめてみたら違った」などのようなギャップがあることがほとんどだと思います。

そのようなギャップには上述したような理由が必ず存在しています。
自分はどのような理由で、いまの仕事が向いていないと感じており、どうすれば「この仕事は自分に向いている」と感じられるようになるのか、この記事を参考に見つけていただけると幸いです。

 

未経験OKの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP