タグ一覧

情報アーキテクトは様々な情報からサイトの効率化を狙う

意図している通りのサイトへ誘導する

普通にサイトを作ったり、サイトを誰かに作ってもらったとしても、そのサイトのアクセスが全く伸びてこないとか、思っていた以上にサイトの閲覧がされないなど、苦労してくる部分が当然のように生まれてきます。
情報アーキテクトと呼ばれている仕事は、この情報をわかりやすくするためにはどうすればいいか、提示してくれる人を指します。
この情報はこのように処理した方がいいと伝えるようにして、よりサイトの効率をよくすることが狙いとなっています。
情報については、サイトのコンセプトによっていろいろと変更しなければなりません。
そのため、情報アーキテクトは、普通はこの方法とか、当たり前なのはこれなどと決めつけないようにしなければならず、多方面の視野で見なければなりません。
この情報を効率よく伝えるためには、この方法を使った方が安心できるとか、これは変わっている方法だけど、サイトの効率化には使えると思っているなら、積極的に利用することとなります。
基本的には、リーダーとなるような人が、情報の整理を行ったうえで、サイト構築を行うように指示を出します。
最初に作られているサイトを見て、これは明らかに見られないとか、閲覧しているときに不備が生じるなどの問題があるなら、そうした部分を変更するように指示を出します。
すっきりさせつつ、見やすいサイトを作るためには、情報アーキテクトと呼ばれる人がどうしても必要となっており、そういった人がサイトの構築をよくします。
場合によっては、自分が利用して思ったことを、そのまま情報アーキテクトとして提供することもあります。
ユーザーの立場で、こうした使い方ができないと不便だと思っているなら、そのことをサイトを製作するところに伝えて、少しでもわかりやすく、そして導入しやすいサイトへ変更するようにします。
ユーザー側の立場になれないと、この仕事はなかなか続けられないものとなります。

サイトの構築技術、そしてプログラム技術がなければ駄目

この情報アーキテクトとして仕事をする場合、専任だったとしてもサイト構築ができるくらいの力がなければなりません。
サイトを構築することはできないのに、情報アーキテクトの仕事をすることはできないので、基本的にはプログラムに強い人が行います。
また、サイトのプロジェクトを立ち上げることになった場合、このリーダーが兼任しているケースも多く、ある程度の立場を持っていなければ、そもそも仕事はできないのです。
経験もかなり重要な部分となります。
自分がサイトを作ってみて、受けてきた評判などをもとに、情報アーキテクトとして仕事をすることも可能になっています。
この仕事は、あらゆる方向性を試さなければならないので、過去にサイトを作っていることが多い人や、サイトの制作に携わっている経験が多くなければ、結構難しいところもあります。
心理学を学んでいる人も、実は情報アーキテクトの仕事を行いやすいです。
ここでは、ユーザーの立場としてどのようなサイトがいいのか、情報として整理して提供することになります。
心理学を学んでいると、情報アーキテクトとしてユーザーに伝えられる情報、そして心情の変化などを伝えやすくなりますので、仕事をしやすくなります。
ただ、特別必要なことではありませんので、それよりもネット上のサービスに詳しいことが必要になります。
ユーザーが望んでいるようなサイト、そしてサイトを利用してもらった人が、これは見やすいと思ってくれることが必要となります。
情報アーキテクトは、そうしたユーザーの心情を理解できること、自分が利用しているサイトの中に、そうした疑問などを持っていることを、形として表現できるくらいの力が必要です。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP