タグ一覧

フロントエンドエンジニアとは。仕事内容と必要なスキル

フロントエンドエンジニアとはどのような仕事なのでしょうか。また、フロントエンドエンジニアに必要なスキルとはどのようなものでしょうか。ここでは、フロントエンドエンジニアの仕事についてご説明いたします。

 

フロントエンドエンジニアの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

フロントエンドエンジニアの仕事とは

インターネットでは、様々な方法によってプログラムを作ることができます。
現代は、発展したネット分野によって、多くのプログラムから、サイトに利用できそうなものを多数展開することが可能となっています。
何を利用して作成していくのか、その方針を考えていくことになるのが、フロントエンドエンジニアの仕事となります。

ただプログラムを入力するだけなら、それはHTMLコーダーという仕事になってしまいますが、フロントエンドエンジニアは、相談や指導、アドバイスなども行うマネージャーとしても働きも必要です。
どのプログラムを利用すべきか、どうすれば効率よくサイトを更新できるか等を判断し、最終的な決定を行います。
会議の場でも、責任者としての立場で発言することを求められます。
フロントエンドエンジニアの仕事は、他の役職のメンバーとチームとして仕事をすること多く、そのチーム内でフロントエンドの専門家としての知識と経験からくるアイデアや意見を求められます。

取捨選択やサイトに利用するプログラムの決定は、フロントエンドエンジニアが行いますが、実際のコーダーは別の人が担当する場合もあります。
その場合は、指導やアドバイスによるコーダーのマネジメントを行います。
時にはクライアントとの話し合いや、多くのデザイナーやプログラマーとの相談を行い、最高のサイト構築にするために必要な方法を模索する仕事を引き受けることもあります。
フロントエンドエンジニア・コーダーは、実際にプログラムの入力作業も担当することになりますが、それを決めるまでに必要な決定権を多数持ち、理想とされているサイト構築を進めることになります。

フロントエンドエンジニアに必要なスキル

フロントエンドエンジニアとして仕事ができるのは、当然コーティングのスキルを持っている人になります。
長年コーディングやプログラミングの仕事を経験しており、HTMLだけでなく、JavaやCSS、CMSもわかっていなければなりません。
HTMLは、従来までのものではなく、最新のHTMLが利用できなければならないので、新しいプログラムにも対応できる人でなければ、その立場として仕事をすることはできません。

さらに必要な要素として、様々な人の上になるわけですから、マネジメント能力も必要となります。
クライアントとの交渉も必要となることも多く、コミュニケーション能力も大事なスキルのひとつです。
コミュニケーション能力が欠けていては、チームで仕事をする上での利点を最大限に活かすことができず、結果としていいサイトを作ることはできないでしょう。

クライアントへ何らかの提案をすることもあるでしょうから、プレゼンスキルも必要ですし、その際に物怖じしない度胸や自信といったメンタル的な要素も重要です。
フロントエンドエンジニアは、ただプログラムを作るのではなく、様々な発言権と選択権を持っている人であるといえるでしょう。
そのため、コーディングやプログラミングの長年の経験だけでなく、営業、マーケティング、コンサルタントなどの要素も併せ持っている人が向いているといえます。

 

フロントエンドエンジニアの転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP