タグ一覧

フロントエンドエンジニア・コーダーはサイトの方針を決める

サイトに利用するコーデックなどを考える

インターネットでは、様々な方法によってプログラムを作ることができます。
現代は、発展したネット分野によって、多くのプログラムから、サイトに利用できそうなものを多数展開することが可能となっています。
何を利用して作成していくのか、その方針を考えていくことになるのが、フロントエンドエンジニア・コーダーの仕事となります。
必要とされているプログラムを選択して、そのプログラムを入力してサイトを作成することが仕事となります。
ただプログラムを入力するだけなら、それはHTMLコーダーという仕事になってしまいますが、フロントエンドエンジニア・コーダーは、相談や指導、アドバイスなどを送ることによって、他に仕事をしている人の助けになることもやらなければなりません。
このプログラムを利用することが一番大事なのか、サイトの更新を有利にすることができるのかを相談し、最終的な決定権を持つことになります。
会議を行う際は、一番発言力を持つ人として話をすることもあります。
指導やアドバイスは、同じく仕事をしている人に対して、この方法ではなく、別の方法を利用すべきとか、コードの内容を変更するように指示を出します。
フロントエンドエンジニア・コーダーの仕事は、他にも一緒になって仕事をしている人が多く、そのチーム内で最高のものを作り上げることになります。
取捨選択やサイトに利用するプログラムの決定は、この立場の人が行っていますが、実際のコーダーについては、別の人が担当する場合もあります。
その場合は、指導やアドバイスで、最適なものを製作することになります。
時には利用者との話し合いを行い、時には多くのデザイナーやプログラマーとの相談を行い、最高のサイト構築にするために必要な方法を模索していく人となります。
フロントエンドエンジニア・コーダーは、実際にプログラムの入力作業も担当することになりますが、それを決めるまでに必要な決定権を多数持ち、理想とされているサイト構築を進めることになります。

コーティングスキルは当然のこと、他にも必要な要素がある

このフロントエンドエンジニア・コーダーとして仕事ができるのは、当然コーティングのスキルを持っている人になります。
長年こうした仕事を経験しており、HTMLだけでなく、JavaやCSS、CMSもわかっていなければなりません。
HTMLは、従来までのものではなく、最新のHTMLが利用できなければならないので、新しいプログラムにも対応できる人でなければ、その立場として仕事をすることはできません。
さらに必要な要素として、様々な人の上になるわけですから、指導できるくらいの力が必要となります。
コミュニケーション能力も大事なこととなっており、時には依頼主との話もしなければなりませんし、他のコーダーとの仕事もありますので、話し合いの力は絶対になければなりません。
これが欠けていることは、いいサイトを作るために必要な要素を失うことになります。
他にも、提案するくらいの想像力、発言力を持っていることが重要になってきます。
フロントエンドエンジニア・コーダーは、自分が最終的に決定することになりますが、提案を出すことが主体になっています。
取捨選択が簡単にできること、この方法が一番大事であると、説得力のある説明ができる力も、実は必要となってくることです。
フロントエンドエンジニア・コーダーは、ただプログラムを作るのではなく、様々な発言権と選択権を持っている人であると考えてください。
重要な立場になる以上、長年の経験だけでなく、普通の会社で求められているスキルまでもが重要になっているのです。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP