タグ一覧

グラフィックデザイナーの仕事内容と必要なスキルとは?

グラフィックデザイナーの仕事内容とは?

グラフィックデザイナーの仕事とは、デザインを考え、そしてそのデザインを通してさまざまな情報を伝えるという仕事になります。
たとえば、メディアや、新聞、そして雑誌などの広告デザインや、雑誌の表紙などのデザイン、または店舗の看板などのイメージ作成などもグラフィックデザイナーの仕事となります。
またグラフィックデザイナーの仕事内容は、デザインを考えるだけではなく、デザインの企画や制作を行うこともあります。
まずは、クライアントから依頼を受け、そして企画内容、そして決められたコンセプトなどに合ったものを作成します。
グラフィックデザイナーとは、自分の想像力で自由にデザインを作り上げるというわけではなく、コンセプトに合ったもの、また消費者に求められているものなどを提供することが必要とされています。
このため自己満足では務まりません。
クライアントが求めているもの、そして消費者の目を引くものをデザインすることが必要とされる仕事なのです。
また、グラフィックデザイナーは一人で作業をしているというイメージがありますが、そうではありません。
グラフィックデザイナーは、そのほかにも、コピーライターの方や、編集部とチームを組無ことが多く、チームで一つのものを制作することもあります。
このため、現場での協調性や、コミュニケーション能力も必要となります。
さらには、デザイナーとしての才能やセンス、そして修正作業などにも臨時対応することができるような根気強さなども必要とされます。
何よりも、デザインをすることが好きであるという気持ちや、あらゆるデザインが溢れているいまの時代においては、よりクオリティが高く、誰も思いつくことが出来ないような、オリジナリティのあるデザインを作成することができる方が求められています。

グラフィックデザイナーの活躍場所とは?

グラフィックデザイナーが活躍する場所には、さまざまな場所があります。
まずは、広告代理店や、印刷会社、出版社などのデザイン部門が一般的ですが、さらにはデザイン事務所や、プロダクション、そして、広告制作会社などの就職先もあります。
そしてグラフィックデザイナーと一言で言っても、正社員としての雇用だけではなく、契約社員、派遣社員、さらにはアルバイト、パートなどの雇用などさまざまです。
また、グラフィックデザイナーとして、まずは現場でアルバイトとして経験を積み、そしてフリーランスとして独立をされる方もいれば、在宅で活躍をされている方もいます。
またデザイン事務所を設立し、独立される方も少なくありません。

グラフィックデザイナーとして必要なスキルは?

グラフィックデザイナーとして活躍するためには、特別な資格というものは必要がありません。
しかし、自分のセンスや、デザイナーとしての豊富な経験などが重要視されます。
デザイン事務所に就職するためには、まずは今まで作成した自分の作品などの提出を求められるケースも多いです。
また、デザイン関連の賞などを獲ったことがあるという場合には、就職の際にも有利です。
たとえば、デザインには、写真、文字のデザインや、配色など、さまざまな知識が必要とされます。
さらに、自由にデザインを行えばいいというわけではなく、クライアントの意図に沿ったものを作り上げなければならないため、コミュニケーション能力や、意図を汲み取る能力も必要となります。
チームでの作業となりますので、協調性なども必要とされます。
グラフィックデザイナーとして活躍するためには、基礎的なデザイン知識が必要とされますが、最近では、DTPデザインが主流となっています。
このため、パソコンでのIllustratorやPhotoshopなどの知識も必須であるといえるでしょう。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP