タグ一覧

転職して1ヶ月で会社を辞めたいと思ったら

「前職を辞めて希望を胸に入社した転職先。しかし、もはや1か月で辞めてしまいたくなった。」世の中にはこうした思いを持つ人が大勢います。そんな方に、いくつかアドバイスを送りたいと思います。

 

転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

早期退職は就職・転職に不利

言うまでもないことかもしれませんが、1か月で会社を辞めるということは、今後の人生において不利に働くことがほとんどです。
特にそれが新卒で入社した場合でなく、転職した場合であれば尚更です。
そこまで早く辞めるということは、それなりのマイナスな理由があると捉えられます。
人間関係が極端に苦手、そもそも仕事に対するやる気がない、粘り強さがない、気持ちの切り替えができない、など良い理由として捉えられることはまずないでしょう。
また、現実的な問題として、仕事における実績を何も残せていないことも大きなマイナス対象となります。

1か月で辞めたいと思っている人への3つのアドバイス

こうした現実的な視点も述べた上で、転職して1か月で会社を辞めたいと思ったときのアドバイスをご紹介します。

割り切ることの大切さ

辞めたいと思っている人が考えている理由はおおむね次のようなことでしょう。
・仕事が覚えられない ・人間関係がうまくいかない ・仕事が向いていない ・会社の待遇に納得がいかない こうした環境がストレスとなって、辞めたいという気持ちにつながっていきます。
しかし、これらは言わば、当然のことなのです。
誰が入社して1か月で完璧にこれらのことをこなせるようになるでしょうか。
あなたは少々理想が高すぎるのかもしれません。
言い換えれば、“自己評価が高すぎる”とも言えます。
上手くいかないのは当たり前だと割り切って、日々の仕事を1つ1つクリアしていくことが大切です。

楽しい事を考えよう

これはただの現実逃避を勧めるアドバイスではありません。
入社してから1か月しか経っていないからと言って、100%辛い事だけしかなかったわけではないと思います。
「入社時にささやかな歓迎会を開いてもらった」「職場に一人だけいつも優しく声をかけてくれる人がいる」など、良い事もどこかに1つはあるはずです。
入社してからすぐの頃はそうした楽しい出来事を考えながら、雰囲気にゆっくり慣れていきましょう。
そうすれば、2か月、3か月と経っていくうちに次第に環境は変わってくるはずです。
仕事を覚え、人間関係も出来てくれば、楽しい思い出も増えるので、「辞めたい」という一瞬の感情で先走らないことが大切です。

他人のせいにしない

先ほど挙げた、「辞めたいと思っている人の4つの理由」にも共通している部分がありますが、上手くいかないのは人のせいだという考え方は良くありません。
「人間関係がスムーズにいかないのは、皆が話しかけてくれないからだ。
」「上司の教え方が下手だから仕事が覚えられない。
」という具合です。
その前に、自分でできることを精一杯やってみましょう。
積極的に職場の人に話しかけてみたり、自分から仕事の指示を仰いだり、分からないところは自宅に帰って勉強したりなどなど。
まずは、自分に原因がないか探ってみて、それを解決できる手段があるなら実行してみてください。
他人のせいにすることは、自分の至らないところをすべて相手に転嫁できるので楽でもあります。
ですが、そのままでつらい思いをし続けるのは結局自分自身です。
1秒でも早く、“その問題とストレスをどうすれば解消できるか”に目を向けることが必要なのです。

明らかに理不尽である場合の対応策

と言っても、会社側に明らかに原因がある場合は断固として対応しなければなりません。
「上司や周りの人間からの嫌がらせが酷い」「面接時に聞いていた待遇と実際の待遇が全く異なる」「残業時間が異常に長い」など、労働環境に責任がある場合です。
具体的な対応策としては、 ・会社の人事や労務などに相談する ・上司(もしくは気の合う職場の人)に相談する ・ハローワークに相談する などです。
劣悪な環境で自分のせいだと我慢し続けると、体を壊してしまう恐れもあります。
そうならないためにも、明らかにおかしいと感じた場合は、転職後3日であろうが、半月であろうが、早期に行動することが大切です。

 

転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP