タグ一覧

アクセス解析・統計解析はWebサイトの重要性を高める

アクセス解析・統計解析とはどういった仕事をするのか?またアクセス解析・統計解析に必要なスキルとは?今回はアクセス解析・統計解析の仕事を調査しました。

アクセス解析の求人情報

 

アクセス解析はWebサイトのアクセスを増やすために重要な仕事

Webサイトに来てくれる人は、当然何かの理由を持って訪れている人が多いでしょう。
そうしたアクセス状況を解析して、さらなるサイトのアクセス増加を行うために何を行うかを検討するのが、アクセス解析の仕事となります。
現在のアクセス状況をしっかり考えて、現時点で目標のアクセス数に届いているのか、そして足りていない場合は、何が原因となっているかを判断しています。
基本的には、無料でもアクセス解析をする設備は整っていますが、仕事として行っている人は、このアクセス解析をする設備やツールから、実際に何を目当てにサイトに訪れているかを確認します。
サイトのどのページにアクセスが集中しているのか、どのような方法でアクセスされているのかを確認していれば、もっとアクセスを増やすことができる対策が容易にできるようになります。
解析ツールを使いつつWebサイトへのアクセスは、GoogleやYahoo!などの検索サイトからきているのか、どこかのリンクから来ているのか、TwitterやFacebookなどのSNSからきているのかなどを知っておくと、アクセスをもっと増やすための施策が打てるようになります。
アクセス解析を進めていくと、目標とされているアクセス数に到達していないこともわかってきます。
サイトを利用する場合は、アクセス解析をしっかり進めて、目標の数字に到達できるようにしなければなりません。
そのために必要な施策も考えつつ、サイトの変更をお願いすることもあります。
サイトのデザインを変更したり、訪問者の動向に合わせたランディングページを作成して何らかのキャンペーンを実施することもあるでしょう。
また、サイト内部のUI・UXを変更することで、離脱率を減らしたりすことも考えます。
ただ解析をしているのではなく、その解析情報から、目標のアクセス数を達成するため、何が必要なのかを考えなければなりません。
現時点で有意義とされているサイトの内容、そして足りない部分をどう補っていくのか、これを情報としてチェックしながら、頭で考えていくことになります。

統計解析は様々な情報を集めて確実なアクセスにつなげる

最近では、アクセス解析を利用するのではなく、統計解析を利用しているケースもあります。
これは、統計学をうまく利用して、インターネット上のアクセスを増やすために必要なことを行っていくことになります。
アクセスを増やすためには、あらゆる情報を見ていくことが望ましいとされており、そのために必要な情報をすべて確保して、統計解析を行うことにないrます。
WEB上で利用していく統計解析の場合は、アクセスしていく部分を確認するところまでは、アクセス解析とあまり変わりません。
ただ、その内容を分析して、ここを押すべきだと思っているなら、なぜアクセスが増えているのか、統計学を利用して解析していきます。
ページのアクセスを、方法別に分けるような方法をとりつつ、アクセスが増えているのはここからのリンクだとわかるようになれば、より増やすために必要な情報を得られやすくなります。
統計解析は、エクセルなどを利用して行うことが多いのですが、アクセス解析ツールも当然利用していきます。
ただ、時間帯などを含めて、統計を取りつつ解析していくので、多くの時間が必要になります。
統計解析をするためには、膨大なデータを必要としており、アクセス解析以上にデータを収集していくことが大事になっています。
ビジネスという視点でWEBサイトを運営している場合は、アクセスされている方法が非常に重要となります。
アクセス方法の統計をしっかり取りつつ、ここからはかなりアクセスされているのであれば、統計の結果から公告による宣伝を増やすなど、サイトの重要な部分を増やすために必要な方法となります。

アクセス解析の求人情報

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP