タグ一覧

UI/UXデザイナーとは。仕事内容と必要なスキル

UI/UXデザイナーとはどのような仕事をするのかでしょうか。また、UI/UXデザイナーに必要なスキルとはどのようなものでしょうか。ここでは、UI/UXデザイナーの仕事についてご説明いたします。

 

UI/UXデザイナーの求人情報

 

UIやUXのデザインについて

UI/UXデザイナーはWEBサイトの制作現場等で活躍の場が広がっており、UIとは、簡単に言えばスマホ等で見ているWEBサイトやアプリの操作画面であり、UXとは、その体験を指しているものです。

UIは利用者がスマホ等のデジタル機器で情報のやりとりを行うための仕組みの事であり、操作感を向上させる設計をする事がUIデザイナーには求められます。
UIデザインによってユーザーは情報を掴めるようになり、そこから体験に結び付くようになりますから、WEBサイトの製作時にはユーザーの操作感を意識して、ユーザー体験であるUXに結び付けていく構造にする事が必要です。

スマホなどで情報収集するユーザーは何気なくネットサーフィンしますが、操作をしにくい、情報が入ってきにくいというのはUIデザインが優れていない証拠でもあり、そういったUIから商品やサービス購入に至る体験が産まれにくいことは想像に難くないでしょう。

UI/UXデザイナーに求められるスキル

WEBサイトやアプリのオーナーとなる企業としては、シンプルな操作で多くの人に目に付くサイトを目指すのは当然のことです。
そのクオリティによって多くの人に企業や商品、サービスなどを知ってもらえる機会の増減に関わってくるので、情報が解りやすく操作感も良いデザインはビジネス成功の鍵といっても過言ではないでしょう。

優秀なUI/UXデザイナーは現在では常に求められており、この分野ではデザイン、エンジニア、ビジネスの間を繋いでいける能力を持った人材が求められるものです。
UIデザインは情報整理能力やデザインセンス等を駆使して、ユーザー側の立場に立ち、デザイン構築していく能力が必要です。
UXデザインを構築していく時には、デザイン能力だけではなく、エンジニアやビジネスマン、他にも経営や営業、マーケティング、実際のユーザー等、様々なジャンルの方とコミュニケーションを取って問題をクリアしていく必要があります。

質の高いユーザー体験を提供するまでには、机上やPC上の作業だけではなく、様々なジャンルのスペシャリストと協力しながら作り上げる事が必要であり、理想を言うならばエンジニア、デザイナー、営業、マーケティング、経営等を全て体験した経験を持つ方が望ましいです。
ただし、そういった人材は希少であり、まずはデザインスキルを備えつつ、様々な仕事を経験し、職種を超えたコミュニケーションを取りながら実績を挙げられれば、UI/UXデザイナーへの道は自ずと開けてくるでしょう。

UX無くしてUIは語れない部分が多い

UXと言うのはデジタル系製品やサービス利用の体験であり、ユーザーはUIを接点にしてサービスに触れる事になりますから、UXはUIによって大きく左右されるものです。
UIに触れている事自体がUXの一部でもありますし、良質のUXを提供する上でもUIの力が必要になり、体験を無くしてUIは語れない部分があります。

サイト作りでは最終的に商品やサービスの体験であるUXを提供するものなので、そのための答えはUIに表現されるという事になります。
デザインはセンスだけで作るのではなく、なぜこの色なのか、なぜここにボタンがあるのか、なぜメニューの位置はここなのか等をすべて論理的に説明できなければいけません。

直観的にかっこいいというだけでUIを作る事は本末転倒であり、ユーザー目線での使いやすさや情報の並べ方を意識してデザインする必要があります。
ターゲット層によっては文字の大きさやフォントの選択も変わる事になりますし、UIデザインによってUXへ誘導していけるようにフォント、デザイン、色彩、写真、様々なデザイン要素に対し、最善の選択が求められるものです。
UI/UXデザイナーには、ユーザーが心地よいと感じる体験を提供する必要であり、そのような体験に結び付かないデザインは必要がありません。
WEBサイトやアプリ等のデジタル制作物が求める結果を理解し、ユーザーが心地よくその結果へと導かれる設計を行うことがUI/UXデザイナーに求められる仕事なのです。

 

UI/UXデザイナーの求人情報

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP