タグ一覧

ゲーム・アミューズメント系プロデューサーの仕事とは

ゲーム・アミューズメント系プロデューサーの仕事内容とは

ゲーム・アミューズメント系プロデューサーの仕事とはどのような仕事なのかと言うと、同じような職種として、ゲームディレクターがありますが、ゲームディレクターの場合、現場においての制作などを管理するという職種であるのに対し、ゲームプロデューサーの場合には、予算、そしてスタッフの管理、そして配置、さらにはスケジュールの進行管理、そして制作についての品質管理など、そのプロジェクトの総指揮、そしてプロジェクト全体の統括をすることが必要とされます。
ゲーム・アミューズメント系のプロデューサーの仕事は、一般的にはディレクターの経験があるスタッフがその後キャリアを経てステップアップするということが多いです。
現場での責任者として動かなければいけないため、あらゆる知識が必要とされます。
勤める会社、また携わるプロジェクトの規模にもよりますが、同時に複数のゲームの制作などを担当することもあります。
このため、有名なタイトルの新規開発など、プロジェクトの規模によっては、数百名のスタッフがかかわることもあります。
このため、ディレクター、そしてプログラマーや、デザイナー、そしてゲームプランナーや、シナリオライター、サウンドクリエイターなど、さまざまなスタッフとコミュニケーションを取り、協力をしなければなりません。
さらにその他のゲーム制作会社と協力することもあり、コラボをすることもあります。
プロジェクト全般の管理、運営が必要となりますので、責任感が重大な仕事ですが、やりがいがあり、憧れの仕事であるといえるでしょう。

ゲームプロデューサーに向いている人とは?

ゲームプロデューサーの仕事は、まずはゲームの製作においては、さまざまなスタッフと連携をして作り上げなければならず、コミュニケーション能力が必須となります。
また、幅広いweb関連の知識、そしてディレクターとしての現場経験が必要となります。
また、プロデューサーは、クライアント、そしてスタッフの橋渡し役としてすべての責任を担うため、スタッフに、それらの的確な指示が出せるという能力が不可欠となります。
スタッフにどれだけ的確な指示を出せるかによって、効率よく作業を進めることができるのか、ということが変わってきます。
このため、人をどのように動かすことができるのか、ということなどがゲームプロデューサーの腕の見せどころであるといえるでしょう。
スタッフの力量などを把握し、そして的確な指示を出すことが、プロジェクトの進行をするうえでとても重要なのです。
また、常に現場を見極めるバランス感覚が必要となります。

ゲーム・アミューズメント系プロデューサーになるためには

ゲームプロデューサーになるためには、一般的には、ゲームディレクターなどの経験を経てステップアップするというのが一般的です。
しかし、最近では、他業種からの転職により、未経験でゲームプロデゅーサーとして活躍されているケースも少なくありません。
ゲームプロデューサーという職種は、専門的な技術よりも、ゼネラリストとしてのスキルなどが評価されることが多く、必ずしも経験が必要と言うわけではないようです。
また、ゲーム業界は変化が非常に激しく、アンテナを常に貼り、そしてプロジェクトを推進できるスキルが必要となります。
このため、特別な資格などはいらず、独学で未経験から活躍されている方もいます。
最近では、インターネットやスマートフォンの普及により、アミューズメントや、ゲームの需要は増え続けています。
このため、全国的に需要は多く、優秀な人材が求められているといえるでしょう。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP