タグ一覧

仕事が合わないと感じたときに試す3STEP

合わないと感じる理由を紙に書いてみる

仕事にいざ就いてみても自分の適正や労働条件など様々な条件によっては自分にはこの仕事が合わないと感じることもあるでしょう。
しかし漠然と合わないと感じていてもそれが解決可能な問題なのかどうかなのかはわかりません、もし転職したとしても同じ問題を繰り返す可能性もあります。
今の仕事が自分に合わないと感じた場合はまず一度、自分の頭の中を整理する目的も含めて紙に書くということをします。
この場合書き出す内容はまずは箇条書きで簡潔なもので構いません、「○○の業務が嫌だ」「○○と合わない」「就業時間が長い」等の自分が一番強く感じている部分を書きましょう。
その後自分で考える自分の適性を付け足していきます 例えば業務内容が自分と合っていないと感じる場合は、「営業をやりたいのに事務作業ばかり」「仲間と協力したいのに一人作業ばかり」「細かい作業は苦手なのにキッチリした細かい作業ばかり」等になります。
この作業を都度行うことで自分の抱えている思いを認識できますので、気づけば限界といった状況を防ぐことが可能です。

上司や先輩に相談してみる

合わない理由が整理できたら、それが解決できる問題である場合はそのために行動します。
この場合は直属の上司に相談してみることが第一です、その際自分の考える適正も併せて伝えると会社は一つの仕事だけで成り立っていませんので部署や作業内容の変更といった対策をしてくれる可能性があります。
また、もしかしたら今の業務は自分でも気づいていない適正に上司が気づいてくれて割り振られたものかもしれません。
何れにせよ伝えなければそういったことにも気づけませんのでまずは相談することです。
その際は、ご飯でもどうですかといった軽いノリで一度言えば気づいてもらえます。
退職の話をいきなりするよりは不要な勇気もいらないでしょう。
また、年の近い先輩に相談してみるというのも効果的で自分の1~3年後といった比較的近い未来を体現してくれている人たちですので悩みにも共感してもらえるかもしれませんしいいアドバイスがもらえる可能性があります。
しかし労働条件や会社の社風や方針といった相談ではどうしようもない問題もあります。
こういった場合も相談してみるというのは有効ですが、状況の変化は期待できません。
自分の心持ちを変化させることによって対応していくといったものになります。
この場合、仕事と割り切ってしまうのも一つの手ですが将来的には辞めるという選択をした上で今学べることを探し自分へのプラス要素とするといいでしょう。

思い切って辞めてみたほうがいい場合

辞めるという選択は今の状況から開放されるメリットもありますが、それでも同僚への迷惑を考えたり、上司に伝えることへの緊張であったりと大変なストレスになります。
また、転職をした際に次の職場が今よりもいいという保障はどこにもありません。
しかし自分が今のまま続けてストレスや過労で潰れてしまっては意味がありません。
そういった場合は辞めるという選択も必要でしょう、具体的には「会社の方針や社風が自分に合わない」「賃金や労働時間などの条件が合わなさ過ぎる」といったものになります。
もし早めに気づけることができたら、それでも今の会社で得られる経験を探してプラスにしつつ転職先を探すといった方法も取れます。
しかし我慢し続けたり一人で抱え込んだりして限界の場合はさっさと辞めてしまいましょう、転職についても一度保留にしておいて体を休めることに専念するといいでしょう。
また「自分の将来像がハッキリ考えられていて、今の職場では得るものがない」場合も同様に辞めてしまって構わないでしょう。
例えば「将来的に○○をしたいが自分には営業力が足りなかった、しかしもう十分だ」といったものになります。

仕事が合わないと感じたときに試す3STEPのまとめ

あなたが仕事が合わないと感じている時には自分の心やスキルと向き合う事が大切です。
おさらいとして3STEPを下記に纏めました。

まだまだ、日本の採用市場は転職回数が多い事をメリットと捉える企業は多くありません。
転職を通じて様々な経験を積んでいたとしてもです。
そのためスキルを伴わないジョブホッパーにならない為にも、この3STEPを踏むことで、無駄な転職をすることなく目指すべきキャリアを確実に積んでください。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP