タグ一覧

仕事が合わないと感じた場合に考えるべき3つのこと

仕事をすることは生活していくためにも必要なことですが、時にはいまの仕事は自分には合わないのではないかと感じることもあるでしょう。もし、仕事が合わないと感じていることにより、いまの仕事を辞めることを考えているのであれば、その前に立ち止まっていくつか考えみましょう。

 

転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

仕事が合わないと感じた場合には

会社員として働いているほとんどの方は週5日以上働いていると思いますが、その仕事が自分に合わないと感じている人は意外と多いものです。
この「仕事が合わない」という状態は、その仕事に対するやる気を失わせてしまうと共に、大きなストレスになる恐れもあります。
そのため仕事が合わないと感じた場合には、転職を含む何らかの対処が必要だと言えるでしょう。
ただし、仕事が合わないということが、仕事の内容によるものなのか、それとも人間関係などの環境によるものなのかで対処法も変わってくることになります。
そのため仕事が合わないと感じた場合には、その原因を正しく突き止めて対処法を考えてみましょう。

自分の努力が足りているかどうかを考えよう

仕事が合わないと感じた時、もしも仕事自体に問題があるのであれば、まずはその仕事に対する自分の努力が足りているかどうかを考える必要があります。
例えば、まだ会社に入ったばかりの新入社員の場合、周りの仕事のスピードやレベルについていく事が出来ず、それが原因で仕事が合わないのではないかと感じることがあるでしょう。
しかしこれは入社間もない新人なので、仕事についていけなくて当然であり、周りの人との経験値も全く違うわけです。
そのため新人の時点で仕事が合わないと考えるのは時期尚早といえますし、仕事についていけるようになるためにしっかりと経験を積み、上司や同僚から知識やノウハウを吸収する必要があります。

何年も同じ仕事に携わっていて仕事が合わないのではないかと感じる場合や、周りについていけない場合は、自分自身が周りの仕事についていけるように本気で努力しているかどうかを考える必要があります。
努力してもついていけない場合は本当に仕事に不向きなのかもしれませんが、努力も行わないまま仕事が合わないというのは単なる甘えである可能性も否定できません。
そのため自分の仕事のやり方などを今一度見直し、それでも仕事が合わないと感じるのであれば仕事を変わるなどの方向に舵を切る必要も出てくるでしょう。

ところで、仕事上での努力とはいったいどのようなことを指すのでしょうか。
新人のころは上司などから指示された業務をこなすことで精一杯かもしれませんが、ある程度社会人としての経験を積んだ人が新人と同様に指示されたことだけをこなしているようでは、それは努力をしているとは言えないかもしれません。

努力とは、現状をより良くするために起こすアクションとその裏付けのためのインプットです。
同じ仕事でも長く携わっていればそれは経験というインプットとなり、もっと早く終わらせるには、もっとクオリティの高いものをつくるには、どうすればいいのかということを考えられるようになるでしょう。
どうすればもっと良くなるかを考えられるようになったら、それを実行しなければ意味がありません。
どうすれば良くなるかのアイデアを実行するということは、何かを変えるということであり、その場合、周囲の人の了承を得なければ変えられないことも多々あると思います。
その改善のための手法も、努力という点で重要になります。
改善策をどのように進めるかなどについては、こちらの「上手な仕事の進め方とは」もご参考ください。

ちなみに、インプット方法は経験のほか、本を読む、社内外のセミナーに参加する、スクールに通う、人に訊くなど様々な方法があります。

本当に仕事が合わない場合は転職も視野に

仕事内容ではなく人間関係が原因で仕事が合わないと感じている場合、それは仕事が合わないのではなく職場環境が合わないということになります。
そのため仕事を変わるよりも先にまずは環境を改善できるかどうかを考える必要があります。
仕事自体が問題なくこなせている場合は仕事に対する適応力には問題ありませんので、環境改善できればその悩みは解決することが出来ます。
しかし対処をしても環境の改善が出来ない場合には、そのまま仕事を続けることはストレスを溜めるだけになる可能性もありますし、それにより体調を崩す恐れも出てきます。
そういった場合には転職を視野に入れた対処を考えることも必要でしょう。

もちろんその場合には仕事の業種は変えずに同じような仕事に転職することが望ましいでしょう。
もし会社の力を借りてその環境を改善できるのであれば無理に転職する必要は無いですし、本当は辞めたくないのであれば職場の環境改善に尽力することで仕事が合わないという悩みも解消できるでしょう。

仕事が合わないと考える前に

仕事が合わないと考える前に考えるべきことは、やはりその仕事を何故選んだのかを今一度思い出してみるのも必要でしょう。
そうすることで仕事を選んだ理由も思い出せますし、本当に仕事が合わないのか、単に努力が足りてないだけなのかも自分自身で理解することが出来るでしょう。
そのため仕事が合わないと考えるのは簡単ですが、その前に今一度、自分の置かれた立場や状況を整理することから始めるようにしましょう。

 

転職情報をお探しの方はこちらをチェック

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP