タグ一覧

仕事をしていて劣等感を感じる時の克服方法

どんな世界でも自分より格上の人がいます。同年代の人が明らかに自分より優秀で、年収や序列で差を付けられると、劣等感を感じてしまうこともありますよね。そんな時にどうすれば劣等感を克服できるんでしょうか。

 

自己成長できる企業の求人情報

 

最初から劣等感を感じる必要はない

新入社員や中途採用で仕事を始めた当初から、自分と他人を比較して、劣等感を覚えてしまう人っていませんか。
どんな仕事であっても最初はみんな仕事がわからないし、仕事ができないのは当然です。
そこまで差を感じて愕然と落ち込まなくても良いはずではないですか。
だから仕事を始めた最初から、劣等感を感じる必要は無いと言えるでしょう。
もし最初から仕事ができなかったりミスが多くて、誰かにそのことを指摘されてしまったとしたらどうでしょうか。
厳しい人はいますが、でも始めたばっかりだからということで許されることもあります。
最初のうちは、できなくて当たり前だという意識によって、救われることもあるでしょう。
1週間、1ヶ月と継続していくうちに、経験を積むことができて、ある程度仕事をこなせるようになります。
もしそれでも上手く行かないようなら、人よりも何度も繰り返し練習するということも必要です。
実はいま仕事が出来ている人のほとんどは、何度もミスをして劣等感を感じてきた経験があるからこそ、今に繋げている人が多いのです。
そう考えると、出来ないときに努力できるかどうかは重要になります。

同僚に差をつけられた劣等感をポジティブに持っていけるか

一緒の時期に会社に入ったのに、いつの間にか同僚は部長に出世し、自分は平社員のままで差をつけられるなんてことは、社会のどこでも起こっています。
もしくは自分はいつまでも低収入のフリーターなのに、かつての同級生は大手企業の役員なんてこともあります。
こんな場面に遭遇したら、どうしても劣等感を感じてしまいますよね。
人間は平等なんて嘘ばっかりじゃないかと。
どんな仕事でも向き不向きがあり、人一倍できる人がいて、人よりできない人、運が悪い人がいます。
出世するのは努力を重ねた証であり、生まれ持った才能であり、運が良かったりする結果でしょう。
他者の出世を目の前にした時、ひとまず劣等感を感じてしまってもいいですが、出世した人間に嫉妬したり恨みを持ったりすると、たいていは良い方向に転がっていかないようです。
なんらかの劣等感があったら、ポジティブに考えていけるかどうかで、その後の仕事にも影響してきます。
たとえば同年代の上司に仕事でこき使われても、自分が働くことで人の役に立っていることを考えてみましょう。
上司や周囲の社員のためにひと頑張りできたら、自分も出世の道がつかめるんだとポジティブな方向に思い込むことで、これからの人生に良い影響を持っていけそうではないですか。

劣等感を感じずに済んだり緩和する方法がある

会社で同僚より仕事ができなかったり、明らかに自分より凄い人がいると、劣等感でいっぱいになることもあります。
でもそんな人が身近にいても、劣等感を感じないで済んだり、緩和する方法もあります。
もし自分はダメなんだと自覚しているなら、ダメなりに自分にこなせる仕事を確実に選ぶことです。
生活の難易度を下げたら、給与水準が下がるとは言っても、人生を無難なものにすることができます。
または、会社ではぜんぜん上手く行かないけれど、誰にも負けない特技をひとつだけ持つという方法もあります。
たとえば会社1のぐうたら社員が、実は誰も敵わないほどのとんでもない能力を持っていて大活躍するという漫画はご存知ですか。
その1つの能力だけで、周囲の目がガラリと変わってしまうことがあります。
片方で劣等感を味わっていても、別の片方で優越的な地位に到達していれば、精神的なバランスも取れることになります。
それを会社の同僚に知らせていたら、会社での自分の立ち位置も変わるかもしれません。
もしくは会社ではダメな社員のまま、別の場所では優れた能力を発揮し、他の人に劣等感を覚えさせてしまうような、そんな行き方だってありますよ。

 

自己成長できる企業の求人情報

 

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP