タグ一覧

仕事で劣等感を感じたら

どんな世界でも自分より格上の人がいます。同年代の人が明らかに自分より優秀で、年収や序列で差を付けられると、劣等感を感じてしまうこともありますよね。そんな時にどうすれば劣等感を克服できるんでしょうか。

 

自己成長できる企業の求人情報

 

最初から劣等感を感じる必要はない

新入社員や中途採用で仕事を始めた当初から、自分と他人を比較して、劣等感を覚えてしまう人はいないでしょうか。
どんな仕事であっても最初はみんな仕事がわからないし、仕事ができないのは当然です。
本来なら、そこまで差を感じて愕然と落ち込まなくても良いはずです。

仮に、仕事を始めたてのころに、仕事のミスが多くて誰かにそのことを指摘されたとしても、場合によっては厳しい人はいますが、たいていは始めたばかりということで許されることでしょう。
最初のうちはできなくて当たり前という意識によって、救われることもあるでしょう。
1週間、1ヶ月と継続していくうちに、経験を積むことができ、ある程度仕事をこなせるようになります。
もしそれでも上手く行かないようなら、人よりも何度も繰り返し練習する必要はあります。
実はいま仕事が出来ている人のほとんどは、何度もミスをして劣等感を感じてきた経験があるからこそ、今に繋げている人が多いのです。
そう考えると、出来ないときに努力できるかどうかは重要になります。

ここで重要なのは、人によって差はあるかもしれませんが、多くの人が最初は仕事で失敗して劣等感、もしくは自信をなくすなどの、精神的にマイナスな状況を経験するということです。
ですので、劣等感を感じたとしても、その精神状態にとらわれてしまうのではなく、「自分は仕事に劣等感を感じている」ということを客観的に認め、その上で「ではどうすればいいのか」と前向きな気持に切り替えることです。

同僚や後輩に差をつけられた劣等感をポジティブに持っていけるか

一緒の時期に会社に入ったのに、いつの間にか同僚は部長に出世し、自分は平社員のままで差をつけられるなどということは、どこの会社でも起き得る話です。
もしくは自分はいつまでも低収入のフリーターなのに、かつての同級生は大手企業の役員などということもあるかもしれません。
そんな場面に遭遇したら、どうしても劣等感を感じてしまうものです。
人間は平等なんて嘘ばっかりじゃないかと。
どんな仕事でも向き不向きがあり、人一倍できる人がいて、人よりできない人、運が悪い人がいます。
出世するのは努力を重ねた証であり、生まれ持った才能であり、運が良かったりする結果でしょう。
他者の出世を目の前にした時はどうしても劣等感を感じてしまうものですが、出世した人間に嫉妬したり恨みを持ったりすると、たいていは良い方向に転がっていかないようです。
なんらかの劣等感があったら、ポジティブに考えていけるかどうかで、その後の仕事にも影響してきます。

たとえば年下の上司に仕事でこき使われても、年下なのに自分よりも仕事ができるその人にまずは敬意を示しましょう。
先にも記述したとおり、人には向き不向きがあります。
もしあなたに出世欲があるのであれば、その年下上司よりも圧倒的な努力をして認めてもらえればいいだけなのです。
それほど出世欲もなく、とりあえず仕事をこなして給料をもらえればいいのなら、年下上司の実力を認めて目の前の仕事に集中しましょう。
下手なプライドは仕事をやりにくくし、周囲からの評価を下げるだけです。

劣等感を感じずに緩和する方法

会社で同僚や後輩より仕事ができなかったり、明らかに自分より凄い人がいると、劣等感でいっぱいになることもあります。
でもそんな人が身近にいても、劣等感を感じないで済んだり、緩和する方法があります。
もし自分はダメなんだと自覚しているなら、ダメなりに自分にこなせる仕事を確実に選ぶことです。
生活の難易度を下げたら給与水準が下がるとは言っても、人生をストレスなく無難なものにすることができるでしょう。

または、会社ではぜんぜん上手く行かないけれど、誰にも負けない特技をひとつだけ持つという方法もあります。
たとえば会社いちのぐうたら社員が、実は誰も敵わないほどの素晴らしい能力を持っていて大活躍するという漫画などはよくあります。
その1つの能力だけで、周囲の目がガラリと変わってしまうことがあるのです。
片方で劣等感を味わっていても、別の片方で優越的な地位に到達していれば、精神的なバランスが取れることでしょう。

今後、社会の働き方が徐々に変わっていく中で重要視されているのが、多様性、社会性、女性の活躍、地方活性化などです。
これらが指し示しているのは、これまで活躍したかったけどできなかった、もしくは活躍できるポテンシャルを持っているのにフォーカスされていなかった資源を活かして、より多くの人が幸せになれる社会にしていこう、という国民の意志の表れではないでしょうか。

また、インターネットの発展で、過去には考えられなかったような職業も多数現れてきています。
ユーチューバーやブロガーなどは、あまりコストをかけずに自分の得意な分野、好きな分野をとことん突き詰めて仕事にするという、とても今風の生き方です。
仮に会社員としてはあまりうまくいかなかったとしても、自分が本当に好きな分野を突き詰めれば、その世界では世界で一番になれる可能性を誰もが秘めているのです。

もし会社勤めで疲弊して劣等感を抱えるようなことがあったら、いま自分がはまっている趣味などをもっと深掘りして、そちらの世界で活躍する道を模索してみるのもいいかもしれません。

自己成長できる企業の求人情報

 

おすすめの特集記事

おすすめのインタビュー記事

PAGE TOP