タグ一覧

ゲーム・アミューズメント系プログラマーとは 仕事内容と必要なスキル

ゲーム・アミューズメント系プログラマーはどんな仕事?

ゲームに関係する仕事ではやはりプログラムを組む人はとても重要ですし、居なければゲームを作ることも出来ません。
そんなゲームプログラマーはさまざまなプログラミングを習得していて、高いスキルを持ってゲーム業界に入って来ています。
プログラムとしてとても基本的なC言語(またはC++言語など)、そしてその他の必須言語は当然のことどれも高いレベルで習得している技術者は多いです。
専門学校も数多くあり、大学では工学部の情報系がプログラミングを良く勉強できると思われます。
実際そういった専門の教育機関で勉強してきた人も多いですが、自分でゲームを作ってみたり言語を勉強したり趣味で長年やって来た人ばかりです。
現在では開発のためのハードが目まぐるしく性能アップしているという状況もあって、ゲームプログラムの中でもより専門的に小分けして役割が作られています。
たとえばツール担当やエフェクト担当…などそれ専門のプログラマーに分かれることが多くなっています。
当然開発に関わる人数が多い場合によく見られる特徴で、大企業のとてもメジャーなゲームソフトに制作チームなどはどこもそういう状況になっています。
時代の流れとともに専門家の中のさらに専門家という風に変わってきていますが、では実際以前はどうだったかと言うとそもそもプログラマーは数が少なかったというのもあります。
開発するためのハードがより高スペックになっており、現在のゲーム開発のメインは企画設計になっています。
当然ゲーム開発にプログラマーは絶対に必要ですが、現在はスマホアプリが大人気でそうしたソーシャルゲームがゲーム業界の中心になって来ています。
アプリを売るためにはアイデアが最重要であったりしますので、昔とは技術者の立ち位置が少し違ってきていることも考えられます。
ですがプログラマーがゲーム開発の重要な柱であることは、ずっと変わっていません。

ゲーム・アミューズメント系プログラマーは将来性がある?

ゲーム機が売れなくなって来ているとは言え、それはソーシャルアプリゲームの急激な成長の影響が大きくゲームそのものの市場規模は縮小しているわけではありません。
少子化で子どもは少なくなっていますが、アプリゲームなどのおかげでゲームに親しむ大人も増えてきています。
これからはゲーム・アミューズメント系プログラマーも、スマホアプリ業界に入っていく人も多くなっていくと考えられます。
ゲーム業界が成熟して技術者の地位も上がっているのでは、と考えられますが技術力の高いプログラマーが多く居るのにも関わらず賃金がそれほど多くないとも言われています。
日本はそれこそ世界でもトップレベルのゲーム開発国でありますが、まだまだプログラマーにお金が割けられていない状況です。
しかしスマホの登場でゲーム業界の縮図が一辺に変わったように、業界の内情もこれから変わっていく可能性もあります。
ゲーム開発技術者になる人は、ゲームが大好きで「自分で面白いゲームを作ってみたい!」という人しか居ません。
開発もより専門的に限定的になり、ゲームを作っている実感も薄れるのでは?と悲観的になる人も多いでしょうが、それでもゲームに携わることが嬉しいという人も本当に多く居ます。
情熱を持って仕事をしている人ばかりのゲーム・アミューズメント系プログラマー業界ですが、プログラミングはゲームとは切っては切り離せないので、より高いスキルを持つ人が増えていくことで賃金も上がり将来は明るくなることでしょう。
いずれにしてもこれから日本もデジタル社会が過熱していくことは明らかですし、ゲーム業界自体が衰退していくことは近い未来ではあり得ないことと考えられます。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP