タグ一覧

プログラマー(WEB・ネットサービス系)の仕事内容と必要なスキル?

プログラマー(WEBサイト・インターネットサービス系)の仕事内容とは

プログラマーと一言で言っても、さまざまなプログラマーの仕事がありますが、その中でも、WEBサイトや、インターネットサービス系に特化したプログラミングが中心となるプログラマーをWEBプログラマーとも呼びます。
WEBプログラマーの業務ですが、まずはWEBサイトなどのプログラミングを中心に行います。
まずは、システムエンジニアの方などが設計した仕様書などをもとに、WEBシステムを構築し、そして開発を行うという流れになります。
プログラマーは、使用書を元にプログラムを組み込むのが仕事ですが、職場によっては、プログラマーがシステムエンジニアとしての仕事を兼ねていたり、設計や、全体の進行管理などの業務にも携わったりなども珍しくありません。
たとえば、インターネットのサイトには、通販サイトなどがありますが、これらの通販サイトは、プログラマーの構築したプログラムによって、運営されていることがほとんどです。
最近では、インターネットの爆発的な普及により、インターネットサービス系などのWEBプログラマーの需要は増え続けているといえるでしょう。
多くの人が利用するSNSや、またはアプリなどもWEBプログラマーが構築しています。

プログラマーに必要なスキル、能力とは?

Webプログラマーに必要な能力ですが、まずは、さまざまなプログラミング言語を知識として知っているということ、また取り扱うことができることが求められます。
HTMLやCSS、または、PHPやJavaScriptなどの言語が必要とされます。
プログラミング言語には種類がありますので、開発する部門によって使用する言語が異なります。
プログラミング言語に関しては、専門学校に通ったりせずとも独学で学ぶことが可能です。
また、優れたプログラマーとして必要なスキルは、向上心です。
作成するプログラミングを正確に構築することも大切ですが、これからこういった分野はどんどんと新しくなっていきますので、それを吸収することが大切ですし、自分の方法を模索しなければなりません。
自発的に勉強することも大切であるといえるでしょう。

プログラマーの給与と、なり方について

WebプログラマーとしてIT業界で活躍する場合、年収の幅には個人差がります。
年収はスキルによって異なり、正社員で働いている方、フリーランスで働いている方もいますが、その人自身のスキルで年収はかなりの幅があります。
平均年収は約400万とされていますが、中には年収1千万を超える方も存在しています。
WEBプログラマーとして働くためには、正社員で勤務するという形と、また派遣社員や契約社員などでの働き方もあります。
また独立してフリーランスとして活躍されている方も少なくありません。
プログラマーとして働くためには、資格がなければいけないというわけではありませんが、プログラムを構築することができるスキルや、基本的なスキルは必要となります。
簡単なプログラムを組んだことがある経験があれば、それらの作品の提出を求められることも多いです。
必ずしも専門学校などで、プログラマーとしての講義を受けたり、資格を取得する必要はありません。
しかし、プログラマーとして活躍するためには、経験者である方が有利であることもあります。
しかし、年齢によっては、新卒採用で未経験者を積極的に採用している企業もありますので、未経験者で興味があるという方にもチャンスは広がっている業界です。
プログラマーの仕事は、やりがいがあり、プログラミングが好きな方には楽しい仕事ですが、トラブルが発生した場合には、修正対応など残業が発生する可能性もあり、体力が必要な仕事でもあります。

おすすめのインタビュー記事

おすすめの特集記事

PAGE TOP